ウダウダ工務店日記・・・
兵庫県宝塚市にある工務店のウダウダ日記・・・


スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2009/04/09 Thu 14:50:33
ノーリツ神戸ショールーム入口ノーリツ神戸ショールーム コンロ展示ノーリツ神戸ショールーム キッチン展示
ノーリツ神戸ショールーム ユニットバス展示ノーリツ神戸ショールーム キッズコーナーノーリツ神戸ショールーム 全体
ノーリツ神戸ショールーム キッチン扉展示ノーリツ神戸ショールーム 給湯器展示HDCショールーム巨大門扉
 先日と言っても少し前になるが、このブログでもちょこちょこお邪魔していた、ノーリツ神戸ショールームHDC神戸に移転したので行ってきた。

 前のショールームは確かに商業地域性は抜群の所にあったのだが、我々がお客様を連れて行くには都心過ぎて躊躇する様な感じの所にあったが、今回は色々なショールームが混在しているHDCに移転したことは集客的に考えてもいいことだと思われる。

 写真だけで判断できるかどうかわからないが、前のショールームに比べてとても洗練されて作られて、とてもおしゃれに見えるレイアウト等もごちゃごちゃ感もなく、ユーザーにとっては商品も見やすいのではないだろうか?

 確かに前に比べて狭くはなったが良くなったショールームなのだが、前から言ってるように設備商品はデザイン的に他メーカーに遅れてる感はいがめない、内装もおしゃれにはなったが、同フロアにあるYAMAHAなどに比べたら1つも2つも落ちる感じがする、それと写真にもあるがキッズコーナーがあまりにも小さい、大阪のトステムショールームなどはキッズルームがあるぐらいなのに、畳2畳分ぐらいしかないスペースはこれから問題になるのではないだろうか?

 色々苦言も書いたがこのショールーム移転は正解だと思う、前に比べて確実に集客力はあがるし、そしてHDC唯一の給湯器展示があるので、給湯器を見るついでに訪問って事もあり得ると思う、しかし一押し商品であるのはわかるが、浴室用テレビ「デカゾー」を入口色んな所に30台近く飾っていたのは少しやり過ぎかと感じてしまった。

今回のショールーム  ノーリツ神戸ショールーム

筆者ショールーム採点

商品充実度     ★★★☆☆
商品デザイン    ★★★☆☆
ファミリー度     ★☆☆☆☆
広さ         ★★★☆☆
接客応対       ★★★★☆
総合         ★★★☆☆

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

スポンサーサイト

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

 2007/11/26 Mon 22:23:00
日立ホームテック西宮ショールーム外観 今回は今月オープンした日立ハウステックの西宮ショールームに行って来たのでそれについて書いていきたい。                                     日立ハウステックは普通の方もしくは、1回家を建てたことのある方でも知らない人も多いだろう、日立と言う名は大きいが住宅業界では知名度は皆無である、私は昔から知っていたが、何故かと言うとよくハウスメーカーのユニットバスで採用されている事が多かっ日立ホームテックキッチン展示1たためだ、それと最近になり分譲住宅でもお風呂ではよく拝見する機会が増えたので、どんなメーカーであろうかと興味はもっていた、どちらかと言うとローコスト系に使われてる感があった。                                                         ショールームの外観を見るとまるで建築家がデザインした住宅のようにスタイリッシュで、私の抱いてたイメージが少しばかり揺らいだ、そして綺麗なお姉さんに案内された中も日立ホームテックキッチン展示2とてもデザインされていて、私が今まで見たことも無かった日立のキッチンもありそれも思ったより精錬されてるように思われた、その他ユニットバス、ホームエレベーターなども展示してあり、中の展示の仕方は前に誉めたヤマハと遜色ないぐらいの出来になっている、さすが西宮と言う場所に作られてるだけあって見た目は申し分ないと思っていたのだが、少しばかり中で色々見ているとふと思っ日立ホームテックユニットバス展示たことが、他の大手系メーカーと比べ商品のバリエーションが少ないのとトーヨーキッチンヤマハのように特別な特徴もないと感じてしまった、これは私が思うに結構致命的な事だと思う、綺麗なショールームだがこれだけは今のところどうしようもないだろうが。                            現在はどのメーカーも特徴を出すのに躍起になっているが、このメーカーも例外ではなく右の写真にもあるが、ユニットバスの壁に写真日立ホームテックユニットバス壁材やイラストを注文できる壁や、ユニットバス形式の完全組み立て式の檜風呂などがあった、檜風呂は確か定価で550万ぐらいだったか、まぁーこれはお金が余るほどある人はつけるかもしれないが、もう一つの写真オプションは何か無理矢理特徴付けしたかっただけ?と思える商品であった、オプション金額はしらないがこんな物注文する人がいてるのだろうか?2階にあった休憩室にも飾って日立ホームテック檜ユニットバス展示あり、何か商品開発のお姉さんがやたら、この商品の事を聞いてきたので「まぁー使えるとしたら私なら家のCGパースを壁にプリントしてあげる、我々業者のプレゼントとしてなら使えるだろうけど、普通お金出してまでつける一般ユーザーはおらんやろ」って答えておいた、どちらにしても必死さは伝わったが・・・。                         まだまだ商品的には弱いこの会社であるが、このようなショールームを見て昔はどちらかと言うと陰に隠れていたメーカーが、表舞台に立とうとしている姿勢だけは感じ取れた、昔のヤマハもこんな感じだったので、ひょっとしたらひょっとするかもしれない、しかし個々の特徴がはっきりしてきてるこの業界で目立つ存在になるには、何たいていの努力では足りないであろうと思われた訪問であった。

今回のショールーム  日立ハウステック西宮ショールーム

筆者ショールーム採点
商品充実度     ★★★☆☆
商品デザイン    ★★★☆☆
ファミリー度     ★★☆☆☆
広さ         ★★★☆☆
接客応対       ★★★★☆
総合         ★★★☆☆


にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

   
 2007/10/16 Tue 23:40:00
ヤマハHDC神戸ショールーム 今回は前回に書いたサンウェーブの展示会のついでと言ったら失礼だが、今年新たにHDCに出来たヤマハのショールームに行って来たのでプレビューしたいと思う。                                                     ヤマハはその昔(約10年ほど前)にろある分譲住宅で見たのだが、その当時とても安物に見えて、とてもとても楽器等を造ってるメーカーが仕上げた物とは思えないほどの物<であった、しかし約5年ほど前であろうか?ヤマハキッチン「ドルチェ」ドルチェと言うキッチンが発売された頃からヤマハのイメージ及び人気が上がったように思われる、2枚目の写真がそうであるが、セミアイランドタイプのキッチンでシンク前面がラウンドしており今までのキッチンには無いタイプであり、カウンターを白色にシンクの中パステルカラーに塗られている、これは女心をくすぐるには充分であり、私男から見てもわくわくさせるキッチンになっていた、扉等も他社ヤマハショールーム展示画像1にない色合いの物があり、何より気分を明るくさせる色使いである、ドルチェはすべてがラウンドタイプではないのだが、昔は必ず一番目立つところにラウンドタイプを配置してたのだが、他のヤマハショールームはわからないが、HDCのショールームに関してはこの商品の展示はなかったがしかし、過去のイメージをなくすぐらい高級なイメージのショールームで入り口から展示内容まですべてが精錬さヤマハショールーム展示画像2れていて、すごく心地よい空間であった、しかしキッチン自体のデザインの進化は3年ぐらい前に大阪のショールームと比べてもそんなに変わってない印象であり、しいていえばパステルカラーから高級木目調の製品を出してきたぐらいであろうか?メーカーは努力はしてるだろうが、何せラウンドタイプのドルチェのインパクトがあまりにもあったので、そんなに変わったようには見えない、悪い言い方をすればこれだけで人を呼べて売れるのだからあまり劇的な変化は求めない方が吉なのかもしれない。
ヤマハ洗面化粧台 このメーカーは当然キッチンだけでなく洗面台、ユニットバスも販売している、私が初めて見た頃は建材もあったみたいだが現在は撤退してるみたいだ、過去に比べれば他の住宅設備にも力を入れているみたいで、現在のヤマハらしくデザインが精錬されている物が並んでいた。                                                   このショールーム見るだけでもとても楽しくなるショールームであり、住宅を建てる予定がヤマハユニットバス無い人でも機会があれば見ていただきたい、ひょっとしたらその気がなくてもその気になるかもしれない、住宅をこれから建てられる方には是非見て欲しいと思うのだが、予算に注意が必要である、当然展示品も高いし当然強気なメーカーなので掛け率も悪く、予算とにらめっこしてる方にはしんどいかもしれないが、他の予算を削ってもこのキッチンと心中する!!と思わせる商品が多いのですこし無理ができるなら、このメーカーを入れるのもいいかもしれない、しかしキッチンに家が負けないような設計にしないと何の意味もないと言うことだけは肝に銘じてもらいたい。

今回のショールーム YAMAHA神戸ショールーム
筆者ショールーム採点
商品充実度     ★★★☆☆
商品デザイン    ★★★★★
ファミリー度     ★☆☆☆☆
広さ         ★★★☆☆
接客応対       ★★★★☆
総合         ★★★★☆


にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

 2007/07/31 Tue 16:37:00
 今日は業務も落ち着いたので昼間に書いている、今日のせる写真を見ていたのだが、どうも私の携帯のカメラは物が白っぽく写る傾向がある、人気のある食べ歩きブログなどは、とても写真が綺麗である、私もデジカメで写真をとろうかと最近考えてる次第である、しかし私が自家用に持ってるデジカメは最近の薄型とは違い、ポケットにいれるとかさばるので、どうも乗り気がしない薄型でも買おうかと思うのだが、資金が・・・。
AICA大阪ショールーム AICA(アイカ)と言う会社は皆さんにおなじみがないかもしれない、しかし家の建築途中やここ数年で建てられた人には、ジョリパットと言えばおわかりの方も多いかもしれない、この商品は外壁塗装材なのだが、元々は家で使う作り付けの家具などで使用される面材(家具などAICA「表面材」の表面材料)などで建築業界で知られていた、しかし最近は前の記事に書いたように建築家ブームにより、より個性的な家を求める方が増えてきたため、その豊富な面材多さと生かし、より個性的な室内建具を制作している、例えばであるが普通の建材メーカー等で5年ほど前から出ている、ホワイト色の建具があるが普通の建材メーカーでは、扉が白なら表も裏も白になってしまAICA「内装ドア提案」い、室内は白でよくても廊下側から見たら、アンバランスに見える、しかしアイカの場合ほぼオーダーに近いため表裏の色を変えることができるのである、もっとすばらしいのは、他のメーカーに無い色例えば赤や緑等の扉がアイカが作ってる面材であれば基本的にすべてできるのである、設計をする我々の立場からとってこれほど家のデザインに幅ができることはうれしい。
AICA「クローゼット提案」 今回の展示会ではジョリパットの新作爽土(そうど)や右の写真にあるレザー調の建具等が新商品として飾られていたが、まぁーこれらの商品も確かに個性ある作品であるが、期待を夢にアイカのショールームに初めていった私にとっては、カラフルな商品があんまり飾られてなかったこと少々残念であった、しかし他の建材メーカーに比べてとても個性豊かな商品がそろってたことAICA「花瓶棚提案」は事実で、室内を品よく仕上げたいと考えている、これから新築等をお考えの方には検討の余地はあると思う、しかしこのメーカーの製品は他メーカーに比べて高いと言うことだけは頭に入れとといていただきたい、予算の無い方には1部屋だけを遊んでみるとかいった使い方をお勧めする。                              このメーカーが強気だなと思ったのは、大阪のど真ん中の自社ビルで展示会を行うのはいいが、他メーカーでは駐車場代がでるのにこのメーカーは出なかった、こんな展示会初めてであった、まぁーでもそれだけ商品が個性的で使いたいやつは勝手にきてくれって言う感じなのだろうか?

今回のショールーム AICA大阪ショールーム

筆者ショールーム採点
商品充実度     ★★☆☆☆
商品デザイン    ★★★★☆
ファミリー度     ★☆☆☆☆
広さ         ★★☆☆☆
接客応対       ★★★★☆
総合         ★★★☆☆


にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

 2007/04/25 Wed 22:02:00
HDC外観画像 この前にINAXのショールームに行った後にHDCほぼすべてを見てきたので、今日はそれについて書いていきたい、HDCは首都圏及び関西圏でよくある住宅公園ABCハウジングと共にエービーシー開発という大阪の朝日放送と大塚家具が主要株式を持つ会社が経営していて、1994年にできたらしい、実は私も行きたいと絶えず思っていたが、中々タイミングが合わず先日ようやく訪れることができたのである、はじめビルの外観を見た感想は、何かバブリーなつくりで一見シティホテルを連想させるような建物で、ショールームが集まるだけのビルがこんだけ派手でいHDC TOTOショールームいのか?と感じてしまった、このビルには住宅設備や建材、不動産、家具、ビルダーなど家に関するショールームがほぼそろっている、しかし1階部分のTOTOとINAXは大きく見やすいショールームになってるのだが、上に上がるほど小さな規模になっていき、ショールームとしてはちょっとと思える物が多かったのも事実である、規模が小さくなるとどうしてもメーカーはフラッグシップ的な品物を飾HDC サンウェーブショールームる傾向がある為、キッチンなどは表示価格を見ると目が飛び出るような品物が多かったのも事実である、どんな会社が入ってるかはHDCのHPを見て頂くとして、このビルの中で私が見て一番興味がわいたのは、3階にあったた、色々な小さな企業が共同で製品を出品してあり、陶器製の洗面などメーカーのショールームでは見られない製品が飾ってあったので、訪れた際には是非立ち寄ってもHDC ショールームらいたいものだ、しかしいいと思っても現実的ではないような製品も中にはあるので、注意して頂きたい、今回は商社の人と来たので流れ作業で見ていったのであんまり1つ1つに多くの時間がさけなかったのが少し残念である。                        色々注意する点もあるがこのHDCプロの我々から見てもとても楽しく拝見できた、大阪のショールームのように、1件1件が離れていなく集合してるのでとても見やすいのは事実である、しかしこの物件は家賃等の管理費がとても高いため撤退するメーカーもあると聞く、もう少し各メーカーの占有面積を広く取る事ができればもっともっと良くなるだけに、それは残念な事だ、それと新築を考えてたりする方には1度訪れるのはいい事だと思うが、あまりにもいろんなメーカーがあるのと、先ほども行ったように高額製品を置いてる傾向があるので、追加追加で気がついたらとんでもない金額にならないよう気をつけていただきたい、もし製品について詳しい方がおられるなら、そのような方に連れて行ってもらう方が無難だと感じた、ビルを出るころには舞い上がって予算の事など二の次にならないようにこころして行って頂きたい。

今回のショールーム HDC(ハウジング・デザイン・センター神戸)

筆者ショールーム採点
商品充実度     ★★★★★
商品デザイン       -
ファミリー度     ★★★★★
広さ         ★★★★★
接客応対       ★★★★☆
総合         ★★★★☆


にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。



copyright © ウダウダ工務店日記・・・ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。