FC2ブログ
ウダウダ工務店日記・・・
兵庫県宝塚市にある工務店のウダウダ日記・・・


スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2013/12/13 Fri 12:15:17
少し前までマスコミは特定秘密保護法について
大々的に取り上げてすったもんだの末成立した
民主党や社民党などはここぞとばかりに議会で
阻止のパフォーマンスをしマスコミはその様子の
映像ばかり流した

その影響だろうか安倍内閣の支持率も少し落ちたのだが
私はこの法案普通に考えて当たり前の法案のように思う
一部の左翼の方が言ってる「国には税金を払ってるのだから
国民はそれを知る権利がある」
確かに廻りいい人ばかりならそれは理想である

しかし我々の生活でも色んな人がいて
個々の秘密を正直に言うとそれによる影響は事によっては
大問題になりかねない
それは国単位でも同じ事だと思う
審議時間が短いとか色々言う人がいるが
産声をあげたばかりの法案問題が出たらその都度
変えていけば良いと思うのは私だけだろうか?

川西市湯山台中古戸建

今回はフェイスブック(以下FB)と企業の関係を書きたいと思う
私もFBを始めてはや3年個人的には良いことが多かった
我社もFBのページを持っているが会社のHPを更新しなくなった今
私はホームページ代わりに使っている
我社に関してはこれが集客に繋がるとは全然思ってない

中にはお金を払ってまで企業の「いいね」数を増やそうと
している企業まであるみたいだがそこまで費用対効果
があるのだろうか?

FBの国内人口は約2000万人らしい
20以上の人口を1億人と仮定しても5分の一である
私のFBの友達を見ても活用してる人は3分の一
まったく見ていないだろうと思われる人も3分の一
そうなると実際700万人くらいの人に向けての発進になる
確かにその人数でも大きいと言えば大きいが

実際記事を投稿してわかることだが個人の書込みに対する
「いいね」率は企業の足しての物より圧倒的に多い
意外とユーザーは企業ページを見ていないのである
必死に企業のページに「いいね」して下さいと
訴えてる企業は多いがみんなFBの事を個人新聞感覚で
みているので、企業にはあんまりメリットがないように感じる

実際FBは広告収入が命なのでページを開くと広告が出るが
私に関してはただの一度もそれをクリックしたことがない
それはただ単にFBのやり方が悪いのかもしれないし
あんまり露骨にやりすぎるとユーザーが逃げる可能性があるので
これからのFBの課題であるかもしれない

私が思うにはFBで企業がメリットがあるとしたら
FBの「チェックイン」機能である
この機能もすべての企業で有効なわけではない
一番有効なのは飲食店である
例えば友達が写真付で食事の様子を記事にするとする
それを見たユーザーがここ行ってみたいと思ったら
チェックインの場所を見れば大体店の詳細がわかるのである
これはとても有効で私も実際それを見て訪れた店もあった
その店に「いいね」をしてなくてもチェックインしただけで
勝手にユーザーが店の宣伝をしてくれる
結構店の人はその辺を勘違いしてる人が多いように思う

まぁー色々書いたが私は個人的にFBによって多大な恩恵を賜った
ユーザーなのでこれからも撤退しないよう
企業努力により継続して貰いたいと希望している。

当社のFBのページ

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。





スポンサーサイト
私とIT 
 2013/07/29 Mon 12:32:55
最近では参議院選挙も終わり
ようやく世の中も落ち着いたように見えるが
いざ日経平均等を見てみるとまだ株価は乱高下を続けている
景気動向だけは本当に読めない日々が続いている

最近テレビではアベノミクス長者の生活とか株の話題などよく見かける
「何千万儲けたとか」「マンションを買ったとか」
私も一瞬ではあるがあの時買っておけばとか頭をよぎったことは
無いことは無い、多分であるがこの株の乱高下で本当に後にまで
お金を残す人はごく一部で有ろう事は普通に考えればわかることである

もし仮に私がアベノミクスで何千万か儲けたとしよう
私も40も半ばまで来てるので有頂天にまではなることはないだろうが
少しは浮ついた気持ちになり前よりもお金を使うようになり
自分の本業よりも株の方が気になってしまい
結果的にダメな方向に向うような気がする
そうならない人もいてるだろうが、私の性格では無理であろう

しかし大半の方は私のように成りそうな気がする
それで失う物は計りきれないと思うので私はできるだけ
本業以外でお金儲けを考えないようにしている
私は「餅屋は餅屋」精神で行く方が合ってると思う
完全に本業に自信を持ち少しは余裕が出来たら
遊び感覚で手を出すかもしれないが

シーサイドタウンCG画像

私が初めてインターネットという物を見たのは1999年ぐらいだったと思う
阪神大震災時今では当たり前のメールという物が一番連絡が取りやすかった
と聞いてもピンと来ず、それは何者?って感じだったのを覚えている
メール=手紙、郵便屋さんが来ないのに何で言葉のやりとりが出来るのかが
理解できなかった

いざ見出すと夢中になり、自分でホームページという物を作ってみたくなり
2000年には確か自己流で作った
その頃はITバブルの前であり大手企業でもホームページない会社は
まだ多数存在したように思う

学生時代に嫌いだったPCにものめり込み建築のCADそしてCGにもはまった
画像はその当時はまりすぎてCG大会で最優秀賞をとった作品である
2002,3年頃になると他の不動産業者でもやっていないCGを
使った分譲住宅概要書作ったりし出来るだけ物件わかりやすく
目に見せる物にしていった

ホームページも何回かリニューアルもしたが我社のホームページ
2008年くらいから更新をしていない
と言うのもブログと言う大変便利なツールが出てきたからである
ホームページを更新するのは簡単になったといえども難しい
それに技術的にも成長してきてとても素人じゃ太刀打ち出来る物では
無くなったのである
そこにブログ私はすぐにそちらの方に移った、IDパスワードだけで
簡単に文章がアップ出来るのである

そのブログも初めのうちは頻繁にアップしていたが最近は
大体1月に一度程度になっている
もっと気軽に短文にすればいいのだが
物件の詳細や説明などはFACEBOOKのページに簡単にアップ出来るし
ブログはたまに自分の考えを書くだけみたいな感じになってきている
飲食店や販売業などは情報発信にブログ等はいいかもしれないが
我社の場合そこまでの発信はいらず
FACEBOOKのページに関しては我社の記録程度でアップしている

私もホームページを始めた頃はこれで集客力アップや!!とか
意気込んでいたが今となれば取り敢ず存在して
そこから他の媒体を通じてどんな活動をしてるかわかる程度
それくらいでいいのである
過去不動産販売業者などはこぞって集客を狙ってホームページを
作ったが効果が出ず放置されたままのホームページも多数見る
しかしちゃんと今でも更新してる会社などは
ここ5年ぐらいでようやく集客も見込めるようになったらしい
特に大手業者などはホームページの問い合わせが多数を占めてるらしい

これからも多様なネットサービスが出てくると思うが
我社に関しては今の方向性は変わらないと考えている

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。


テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

 2013/06/28 Fri 14:09:16
最近と言うか安倍政権が発足する前から議員さんが他党に移ったりする
場面がニュースでよく流れている、確かにマスコミの報道をみると
その議員が選挙を前に裏切っているように映し出している
評論家も養護することもなく言いたい放題言っている

ぽっと見るとあっそうなのかな?と思ってしまうかもしれないが
私は冷静になって考えてみるとある意味致し方ない部分もなるのでは?
と思えるようになった
昔の議員さんは会社の役員などをしてる方の割合が多く
議員と言う職を失ってもまた役人に復帰したら飯は食えただろうが
今は昔に比べその辺にも厳しくなってきているので一部の大富豪以外は
食べていけないと思う

1期でも空いてしまうと死活問題になりかねないそれがすべてではないと
思うがある程度通りそうな党に移るのはしょうがいないのかな?とも思った
議員もボランティアではない子供も養っていかないといけないからだ
例えばマスコミももしフジテレビが潰れそうになってもしテレビ朝日から
誘いがくれば簡単に移ってしまうのではないだろうか?
評論家もそうだと思うがもしある派閥に入らないとすべての仕事がなくなると
なったら思想は多少違ってもそこに入ると思う
公人と民間人という違いはあるにせよ、自分がヨーしないことを
他人がしたらぼろくそに言うそれは筋違いなのではないかと

派閥に関してもそうだが人間同じ所にいても大人数になれば多少意見は違う
そこでその中で小さなグループに分かれるのは自然なことだと思うのだが
マスコミはこれも叩いている
300人団体がいてそのすべての人がまったく同じ意見を言ってる方が
怖いと思うのだが
政治家の発言にはうるさい評論家、マスコミ少しは自分達の言ってることが
いかに無責任なことを感じて欲しい

萩原台西物件

最近の我社だが3月ぐらいはとても忙しく過ごした
手を入れる物件が多く、自分で作業することが多かったためだ
ほぼ毎日のようにホームセンターに行き工具や材料を買い
自分で出来る作業はやる
その作業をほぼ休み無くなっていたため工事完了時には体がぼろぼろに
なった、それでも出来上がった物件を見てやって良かったと
思えたのでこれからは早く売れることを願っている日々である

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。




 2012/09/18 Tue 12:04:02
忙しくて中々更新できずにいた言っても中々更新しないブログだが
最近中国や韓国など少し日本が行動をおこしたら、わーわー言う
まるでいつもは子供が危害を加えてるのに逆の事されたら、すぐに
大きな声で訴える最近の母親達に似たような行動をしてる
こんな人たちは本当にたちが悪い、何か瓦礫受け入れ拒否の市民集会の
人達と同じように見える、この3者に共通してるのは何か?
他の人との話し合いと言う人間にしか出来ないことをやらないのだ
多分3者に他の2者のやってることを伝えたら、それはひどいと言うだろう
というのはその人達はようは超自己中心的、他人に厳しく自分にやさしい
と思う、日本でも中国や韓国のやってることをひどいと言う人も
いるがいざ自分の心に手を当ててみよう、別の解釈で同じと思われても
しかたがない行動をしてるかもしれないから注意しないといけないのでは
ないだろうか?
西宮市生瀬高台中古戸建
我社は盆明けから長老の監督が引退し遂に私1人での営業となった
人が少なくなったのに対しおかげさまで物件が何故か多く
今月私はとても忙しく過ごしている。

今月は解体物件、リフォーム物件が2つ、その他在庫物件が1つ
来月にはマンション物件が1つと1人の会社としてはとても多くの
物件を抱えている、すべての工事がほぼ完了を迎えてるのだが
久々に最初から最後までリフォームしてみて感じたことは
私はやはり現場と言うのが大好きで、特に中古物件がみるみる
綺麗になっていくのをみるととても楽しく仕上がりを見て楽しんで
いる。
 
私も昔は新築を設計し自分が設計した物が形になっていくことも
好きであったが、今回改めて中古改装の楽しさがわかった
人任せにしてた時、現場に行くと思いどおりに成っていなかったり
私が介入するとプライドを傷つけてはいけないと言う思いから
ほとんど任せていたが、自分でするとやればやるほど楽しく
特に我社は自社仕入れで売っていかないといけなく予算等も
考えながらやった結果自信があるリフォームは出来たつもりである
これから販売であるが早期売却できると思っている。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。


 

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

久々にウダウダ語る 
 2012/07/06 Fri 15:59:33
箕面土地
昨日たまたまテレビを見ていると、キャスターが主婦の投稿コメントを読んだ
その内容は先日大津の学校でいじめを苦に自殺した報道がありそれについて
「最近の学校の先生は質が下がってるので、これからは事故防衛を考えたい
政府にはいじめを監視する団体等を作ってもらいたい」と言う内容だった
そこで子を上は高校生、下は小学校3年の3人持つ私はふと思い出した
長女の時から比べるとだんだん、ややこしい親(特に母親が)多いと
自分が役員とかになりそうになると、わーわー言って一方的に拒否したり
自分子が悪くても逆ギレしたり、とにかくモラルに欠ける人が多いと聞いてた
それを思い出しての事だが、先生だけが悪いのではなくその様な親が
追い詰めて悪循環になってるのではないかと、常識ある人はある程度は
わかっていると思うが、主婦層に視聴者が多い昼の番組等では主婦を
攻めることをしない、訳わからんコメンテーターが同情するコメントを
出して終わる、「私が思うに主婦層の質も下がってると思います
人ばかりに頼るのではなく、疑問に感じたら自分で行動おこされたら
どうでしょうか?」ぐらいのコメント言えない物だろうか
そうしないと余計に悪循環になりそうである。

最近の我社というとはっきり言って暇である、前にも書いたことがあると
思うが、最近は不動産の仕入業務がメインなのでそれが落ち着くと後は
スムーズに最終決済になるのをこなすだけのことが多い
確かに電話ではリフォームの電話とか無いこともないのだが、我社は
基本的に今までのお客様と紹介のお客だけの工事をするようにしている
そうしないと工事の遅れ等で逆に迷惑を掛けることが多いのでそのような
体制をとっている、この不景気で生意気と思われるかも知れないが
自社の許容量を超えて仕事をしても迷惑がかかるだけだ

何故そのような事にしたかと言うと、ある不動産屋の動きを見てからが
大きい、リフォーム屋の紹介、保険屋の紹介、ハウスメーカーの紹介
とかしてる不動産屋は多いのだが、それを何と不動産屋がすべてやる所が
出てきたのである紹介でなく自社で、そこまで行くと強欲としか思えず
例えば普通ならお客さんが土地を買えば、ハウスメーカーの紹介
(例えば住友林業等)とかは普通にあった話が
その会社は土地を販売するとすぐに我社で建てませんか?
中古を販売すると我社でリフォームしませんか?といい
保険代理業も自社でしようとする、そうなるとどうなるだろうか?
普通の会社では土地を売って仲介手数料を貰えば、そこで終わりなのだが
その会社では土地を売ったら家を売れ!!中古売ったらリフォーム取れ
一体何屋?なのって感じで客も離れると思う
餅屋は餅屋で自分の得意分野の足固めをしないと行けないときに
その会社は暴走してる、私はそんな会社にはしたくはない
見た目は良くても多大な迷惑をかけるから

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ



copyright © ウダウダ工務店日記・・・ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。