FC2ブログ
ウダウダ工務店日記・・・
兵庫県宝塚市にある工務店のウダウダ日記・・・


スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一条工務店って? 
 2009/02/13 Fri 13:38:03
 最近やたら検索で「一条工務店 倒産」ってキーワードが多いので、今回は一条工務店に関して私が思うことについて書いていきたいと考えている。

 一条工務店は確かこちらの方では5年ほど前ぐらいから、こちらの方で住宅展示場にモデルハウスを建て休日に展示場に行っても、他のモデルハウスに比べ営業マンの勢いもよく、その頃からちらほら建ててる現場も見られるようになり、今では何となくこの地域に根付くとこまで来たのである。

 一条工務店在来工法であるが、去年上棟の状況を見たことがあるのだが、構造体だけを見るととても在来工法に見えない、どちらかと言うと2×4住宅に見える。在来系のハウスメーカーに言えるのは最近2×4の真似事みたいな工法が多い、技術力が要求される在来工法をより簡略化して仕上がりのばらつき、そして阪神大震災でイメージを悪くした、在来工法の耐震性の信頼をカバーしたいのであろうか?そうであれば2×4工法に変えればいいのにと思ってしまうことがある、在来工法もちゃんと施工したら耐震性は悪くないのだから。

 一条工務店の特徴でHPにもやたら唱っているが、免震工法である免震工法については色々あるが一条の場合は基礎施工方式である、この免震工法はいつも疑問に思うのは縦揺れに対してどれくらい効果があるのであろうか?システムを見ると横揺れは確かに軽減されそうだが、どのメーカーの実験を見ても縦揺れに対しての実験は見たことがない、地震で大きな被害が出るのは縦揺れと言うことは阪神大震災で実証されたはずであるが・・・。

 私が一条工務店のモデルハウスに行くたびに営業マンが言うのが、例えば「この出窓標準装備です」と言う、確かに他のハウスメーカーで追加の額でびっくりすると言う話が結構あるので、営業手法として標準でついてる物が多いですよって言いたいのだろう、実際一条工務店の見積もりを見たが、有名どころのハウスメーカー例えば同じ在来工法の住友林業等に比べて確かに安い、町の工務店との中間ぐらいであろうか?

 このハウスメーカーについて私が一番思うのは、デザインがとても悪いって事だろうか、デザインは人それぞれ好みがあると思うが、私から見ると品がない例えば一条工務店の代表的な商品「セゾン」はリンク先の物件はそんなに悪くないが、実際建っている物件を見るとデザイン性が乏しく、タイルを貼らなければ、言い方は悪いかもしれないがタマホームと似たり寄ったりに見える、それと外部に使ってる部材も安っぽく見える物が多かった。

 一条工務店について私が思ってることを書いてきたが、検索ワードの様に倒産するのであろうか?一条工務店の自己資本比率は40数%である、これだけ見ると潰れそうにない、タマホームなどは10%程度である、しかしこの世の中何が起こるかわからない、私は今年積水ハウスはかなりの損益を出すと思ってる、注文建築から分譲住宅にシフトしたツケが回ってくると思う、建物の損益より土地の損益は膨大であり今年はかなり苦戦と強いられると思う、私の考えでは分譲住宅等にあんまり手を出さず堅実にしている有名ハウスメーカーは潰れないと思う、しかし先ほどから言ってるがこの時代何が起こっても不思議ではない時代どのメーカーも安泰ではないであろう。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

スポンサーサイト
 2008/03/15 Sat 22:56:00
まことちゃんハウス上空写真 先日ふとブログのアクセス数を見てみると、まだ昼にも関わらず500を超えていた、最終的には今までの記録を大きく上回る、アクセス数700弱だったのであるが、前日が70でいきなり10倍以上のアクセスにはさすがにびっくりしていたのであるが、今日になってその原因が判明した、このブログはどんな検索ワードから来られたのかがわかるようになっているのだが、いきなり「まことちゃんハウス」ダントツのトップになっていて、先日まことちゃんハウス外観完成間近とニュースになっていたらしい、それだけ世の中の関心が大きかったのであろう、しかし写真を見て思ったのは、思ったより普通の家でリビングの吹き抜けと思われる部分は外壁色を緑色にしている、私の予想だが世の中の注目が大きくなった以上、この工事を請け負っている、住友林業が施主である「楳図かずお」さんに仕様変更を求めたのではないかと考えている、過去に我社が住友林業に家を建てさしたことがあり、その時も隣地の方と間取のことでもめて、仕様変更を求めてきたことがあったからだ、変な家でもないにも関わらずである、しかし写真をみたら別にすべてが赤と白のストライプであってもめちゃくちゃ奇抜な家に見えないと思うのだが。
 はっきり言って楳図かずおさんは住友林業に工事を任せたことは失敗と思われる、家の形等も洋風に弱い林業なのでバランスが悪く、中途半端に仕様変更したため色使いもセンスもない、私の予想であるが三井ハウスに任せた方がもっと良い感じになっていたのではないだろうか?これだけ注目されて裁判になった注目の物件、個性を最大に生かそうとするのでなく、ハウスメーカーの世間体だけで、少し変わった普通の家に成り下がってしまったのではないだろうか? 変わった家1変わった家2変わった家3

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

 2007/07/29 Sun 01:09:00
 実は今月は秘かな目標として月10回ブログの記事を書くことを目標としていたが、少し足らずであった、特に今週など徹夜に近い飲み方を2回もしたため、自業自得かもしれない、先日などは大阪南で遅くまで(詳しく言えば始発)飲んでいた、しかし私は時々大阪に行くことを楽しみにしている、夜何時になっても街には人があふれていて、とても元気をもらえる気がするのだ、がしかし始発間際の飲み屋街のゴミの多さは毎度毎度少し失望するのだが、まぁー元気をもらったのは間違いないので、暑い日が続くが頑張っていきたいと考えている。
蛍池西分譲竣工外観画像 しばらく書いてなかったが最近の注文建築のデザインはどうなっているのだろうか?前も書いたと思うがまだ現在も建築家チックな家のオンパレードで、大手ハウスメーカー等もこぞってシンプルモダン的な商品を多く出してきてる、私の住んでいる近くに建築条件なしの住宅地があるのだが、少し前にどんな家が建っているか見てきたのだが昔なら見ればほとんどどのメーカーか蛍池西分譲キッチンわかったのだが、最近は本当にわかりずらくなっている、それほどシンプルモダンの家が多く個性があるようで無かったのを思い出した。 あの独特なデザインセンスのある三井ホームも私の通勤路途中に建っている家はとても三井デザインには見えず、完全なシンプルモダンの家であった、最近は3,4年ほど前にはやっていた、スパニッシュ調の家はほとんど見られず、注文建蛍池西分譲和室築、分譲住宅のどちらも同じような感じの家が多いのは確かである、しかし何かと話題のタマホームは違っていて、相変わらず住んでいる人には申し訳ないがセンスのかけらもないような家を建てている、これはある意味2極化かもしれない安ければ住めればいいと考える人と、一生一度になるかもしれない買い物だからとことんこだわりたいと言う人と、しかしこのデザインの傾蛍池西分譲洗面所向はしばらく続きそうな気がする、昔あったテレビ番組「ビフォーアフター」から続いた建築家ブームにより建築デザインの新たな形ができたのは確かであるが、しかし車のデザインもそうであるように時代が繰り返すのであれば、また昔の様な形にも戻るかもしれない、しかしこのブームが去った後、この様な家は周りの環境から取り残される可能性があるような気がするのは、私の考えすぎであろうか?
※・・・画像は我社の家の写真です。


にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

 2007/07/18 Wed 22:32:00
 もう発生して3日ほどたつが、またまた新潟方面で地震、我々も阪神大震災を経験してるが、近年に2回も被災された新潟方面の方々気苦労は我々はマスコミ等を通じてしかでわからないが、1日も早い復興を願ってならない。
 2代目である私が父親が社長であるこの会社に帰ってきたのは、ちょうど阪神大震災がおきた2月後であった、私が勤めていたゼネコンには後数年してから戻ろうと考えていたが、震災で忙しくなり、急遽戻ることになったのである、休みの日に壊れた家屋根にブルーシートかけたり、色々忙しくしたものである、その頃ある大手の下請けの左官屋に聞いた話なのだが、その職人は、震災前に大手の新築現場に左官工事の下塗りをしてたので、震災後忙しい合間をぬって中塗り作業をしにその現場に行ってみると、その現場は跡形もなくなっていたらしい、びっくりしたその職人は大手の現場監督に電話で確かめたところ、その監督は地震で建築途中の現場が大きく損傷したため、すぐに解体したらしいと、しかし震災後のくそ忙しい時期によく解体屋を呼べたなと感心していた、それを聞いてピンときたのだが、大手はイメージダウンになることを恐れお金にいとめをつけずに、業者を手配したのだと、その後広告でその会社は堂々と「我社の建築物は全壊半倒壊ナシ」とうたっていた。
 最近やらたハウスメーカーのCMで免震システム優位性を見せている、確かに大手が研究してるのだから、それなりの物だと思うか、今回の地震や最近おきた地震の映像と思い出していただきたいのだが、地面が割れて避けた地盤に建ってる家はいくら免震システム等をしても無駄と言うことを、今回の地震も阪神大震災やその他の大型地震でもそうであったように、大手ハウスメーカーの営業マンが全国から震災地に多数訪れるであろう、大手であるから別にとりたてて変な物件を建てないとは思うが、このやり方阪神大震災時でもそうであったように、どうも腑に落ちないと考えるのは私だけであろうか?

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

住宅建材の高騰 
 2007/02/21 Wed 21:48:00
 去年ぐらいからであるが、住宅に関る設備、建材等の価格が高騰している、例えば我々がコンパネと呼ぶ、畳一帖分のベニヤであるが価格が1.3倍ぐらいになっている、木材も高騰してる、アルミ建具メーカー、住宅設備メーカーも去年から今年にかけて定価自体を10%値上げしてきている、我々にとってとても深刻な状態である、2年程前から中国の需要で鉄等が値上げになってるのはわかったが、今度は石油の状態と地球温暖化の問題で上がってるのだろうか?しかし木材等は私の予想であるが、昔から先物取引のような感じで取引されているので、今はきっと抱え込んで大もうけしてる人がいると思われる、しかしこれだけ温暖化問題が言われればこれからは確かに木材は値上げは避けられないかもしれない。
 私が一番腹が立つのが大手設備メーカーの定価の値上げである、みんなほぼ同じようなタイミングで値上げしてきている、理由に資材の値上げ等を言っているが定価に対する材料費等の割合はとても低く、何か最近低迷していた価格を持ち上げようとした便乗値上げとしか私からは見えない、多分大手メーカーは増益方向に向かうように思われる、一番困るのは我々である、それとローコスト系のハウスメーカーではないだろうか?大手ハウスメーカーの一部はもう値上げをしようと考えてるところもある、しかしローコスト系はその流れに乗れるだろうか?それと分譲住宅の場合も売れる価格が決まっていて、更に最近の土地価格の上昇で一番打撃をうけそうである、不動産屋系分譲住宅の場合は安い下請けに多分同じ価格で家を建てさせるであろうから、余計に質が落ちるであろう、ローコスト系分譲住宅の下請け業者等には会社の存続に関る問題だと思う、前に言ってた不動産業者の倒産、建築業者の倒産等今年から来年にかけてどんどん増えるかもしれないと私は予想する。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。



copyright © ウダウダ工務店日記・・・ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。