FC2ブログ
ウダウダ工務店日記・・・
兵庫県宝塚市にある工務店のウダウダ日記・・・


スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
驚いた分譲住宅① 
 2006/10/31 Tue 21:44:00
驚いた分譲住宅「外観画像1」 家族と買い物ついでに、私が住んでいる隣市の奥のほうにある、大きな分譲地に立ちよった所、一際目立った分譲地(30区画ぐらいだろうか)が目に付いたので、営業MANが来ないうちにちら~と立ちよった、何がかわっていたかというと、山手の分譲地にもかかわらず、何か場違いな海辺のコテージのような家や(この会社によるとエーゲ海シリーズらしい)、お菓子ででき驚いた分譲住宅「外観画像2」た感じの家、何か見てるだけで目がちかちかしそうだ、私が見てきたのはエーゲ海シリーズである、まず外観だが、正面からは屋根が見えないように壁を立ち上げて、コンクリート住宅のように見せ外壁は完全に白で統一し一部に青色のアクセントを入れている、外構も低価格分譲住宅にしては(この物件は周りに比べ少々割高)凝っているような気がする、確かに外観等もその家だけ見たら家のバランスは悪いところもあるが、中々考えられてると思う、だか施工面から見ると、外壁面の水の流れ等を考えられてないように見られる為2年もすればかなり外壁面が汚れくくるのではないだろうか?とにかく外観は圧倒されるばっかりであった、明日は中を検証していきたい。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

スポンサーサイト
最近は・・・ 
 2006/10/30 Mon 23:30:00
 最近は休みの日も仕事があったり、飲み会が続いたりと中々、記事ネタを見つけに行くことができない、週末のショールームも中途半端に終わり、記事になるような情報収集はできずに終わった、今週の連休こそ私の勉強もかねて、いろいろショールームを廻り、充実した記事を書けるように頑張って行きたい。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

小規模開発について 
 2006/10/29 Sun 21:29:00
 今日家に帰り、ふと新聞を見てみたら、元市有地を入札により民間業者が落札し、その業者が建築基準法にのっとり、マンションを建設しようと計画を建てたところ、周辺住民に大反対をくらい、どうしようもなくなったので、市が業者と協議し売買価格の一部を返還する事で、戸建てへの変更を要請し了承されたと言う事であった、これがどこであったことであるがあえて書かないが、その開発協議で住民が言っている事は、どう考えても私もこの業界にいる者として、いいがかりとしか言えない内容であった。確かに市もこの反対を予測せずに売ってしまったのも少しは問題はあるだろうが。
 私は基本的に第3者に売った土地はその人が法律の許す限り、自由にする事ができると考えてるので多大な迷惑だと思う、時々町で見かけるのが乱開発反対とかの旗や看板を見るが、その人たちはその計画を見てから反対してるようにしか見えない、その前に自分の地域がどんな建物が計画されるかもしれないって事を勉強しておけば、いきなりあわてなくてもいいのではないだろうか?もし計画されるかもしれないと思えば住民同士でその地域の地区計画を作ればいいと思う、今回の例もちゃんとした地区計画等を作成してたら、そんな事もなくいけたように思う。我が社がマンション等を建てる事はないが、このような記事を見ると「またかぁー」と思ってしまうのである、よく建築業者は何も考えず利益ばかり追求するって言われてる事を耳にするが、反対されてる方の中にも、この資本主義の世の中で利益を追求してる会社に勤められてる方もおられるのではないだろうか?
 この業者もマンションが建たないなら入札はたぶんしてないだろう、まぁー確かにマンション業者は一度開発がおりると、休みもお構いなく施工をするようなモラルのない会社も多いので、その事がイメージを悪くしてるのかもしれない、業者ももう少し住民側から何も言われないよう、ちゃんと対応していけば、住民側が反対を続けてもわかる人には、わかると思う。
 この問題は奥深く難しい、しかし市側も毅然とした態度で弱腰にならず、業者側が本当に約束をやぶれば工事停止1週間とかすればいいし、逆に住民側があきらかに妨害していれば、その人を処罰する等の事をしたらいいと思う。今回のことで逆に業者に返金したお金も税金なのであるが・・・。住民の方の意見ばかり聞いてしまうと、この国にマンションや3階建住宅はなくなるかもしれない、何の為に建築基準法があるかその定義さえも揺るぎかねない。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

またもや 
 2006/10/28 Sat 21:42:00
 今週は2日続けてお休みを頂いた、というか勝手にというか、実はこの週だけで4日も飲み会があったので、さすがにお酒好きの私でもしんどい、まぁー私の場合仕事の打ち合わせ後とかがおおいのだが、と言うことで今日もお休みしたいと思う、明日は知り合いのショールーム巡りにお付き合いする予定なので、またそれを題材にした記事でも書きたいと思う。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

最近の活動 
 2006/10/25 Wed 23:19:00
当社山本台分譲 今日も飲み会だった為、今日の記事のネタが思いつかない、だから今日は私が現在やっている事を書いていきたい、もうブログで色んなことを書いてきたので、過去の記事を忘れつつあるが、最近の私の仕事は、分譲住宅用地を仕入れにあたっての準備の仕事が多い、その仕事とは、まず不動産業者から用地情報をもらってから、計画をたてるのだがこと造成がからむ物件であるとその仕事がすごく多くなるのである、平坦な土地にの計画だと比較的と言うか、物件を見てからその土地の金額をはじき出すまでに、30分もあれば十分なのであるが、宅地造成がからむと、法律等の制約が多くなってくるし、設計の仕方でその土地の価格が非常にかわるのである、それは非常に難しい作業であるが、しかし頭を使えば使うほど物権も魅力的な物になり、そして収益性も増すのである、しかしその分それを間違うと収益性どころか赤字になるかもしれない、私は他業者がそれで失敗した例を数多く見てきた、非常に怖い作業なのであるが、私は何故か造成が必要な土地が大好きで、その作業についつい力がはいってしまう、見た目が悪い土地が化粧によってべっぴんさんの土地に生まれかわるのはとても楽しい作業だからだ、今現在私はCG作成と造成土地の査定をしている、私が好きな作業を2つしてるのだから、今は仕事が充実してるのかもしれない。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

今日はお休み 
 2006/10/24 Tue 23:27:00
 今日は飲み会だった為お休みいただきたいと思う。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

 2006/10/23 Mon 21:49:00
 早速だが先日の続きで、私も2000年にオークションに行ってから、ちょこちょこその会社のHPは覗いていたのだが、目だった行動は、東京建物(ダイアパレスの)が傾いた時、それが保有してたワンルームマンションの在庫をオークションで処分した時ぐらいだろうか?その時は私もすごいなと思ったが、その後も見ても目立った動きもなく、その会社のHPも見なくなって忘れ掛けてた時に、例のCMを見たのである、で久しぶりにその会社のHPを見てみると知らない間に株式上場してるではないか、これにはびっくりした。そりゃ地道に業績を伸ばしたのであろう?その会社のIR情報見てもそんなに業績が伸びてるとは思えない、この会社はライブドアと同じような感じをうける、一時どっかのブログで粉飾決算なのではとも叩かれてた、詳細は当事者じゃないのでよくわからないが・・・、株価にしても一時一株60万円まで上がったが18万まで落ち現在は28万ぐらいだろうか、普通の株価の上げ下げに比べ非常に上げ下げが大きく何を基準として株価が上げ下げしてるのかが全然わからない、これは個人投資家が多いせいだろうか?この株価の動きは尋常ではないと思う。
 一応不動産のプロである私から見ても、普通の人から見ても、不動産をオークションで買うと思われるだろうか?一応物件の内覧等はできるらしいが。物件を出してるのも普通の不動産屋さんが殆どであり、物件が欲しければ現在は情報の乏しいオークションで選ぶより、週末の不動産広告や近所の不動産屋さんに行った方がより旬な情報をもらえると思う、その為このオークションは収益物件をよく扱うようにしてるが、私が見てもそんなにいい物件は出てないように思われる、そして落札されている物件も1000万以下の収益ワンルームマンションが殆どであり、手数料もしれているであろう、そういくらオークションと言えども手数料商売であるので結局は普通の不動産屋さんから情報をもらう方がいいと思われる、4月から本格的にスタートして今現在は大失敗と思われるこのオークションだが、これからどういう方向に向かって行くのか、今後も注目していきたい。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

 2006/10/22 Sun 22:13:00
 今年の4月ぐらいからだろうか、とある不動産関係のCMをよく目にするようになってきた、その会社名はマザーズオークションといい、不動産販売をオークションでおこない、売り手はオークションにより高く売れますよと言うふれこみで(簡単に言えばだが)CMしていた、確かに考え方はすごく斬新でこのアイディアがうまく機能すればいいのだが、上のリンクにのっているHPの現在の入札物件一覧をみれば早くも閑古鳥が鳴いている状態である、実はこの会社元々は大阪で作られた会社で筆者も実は2,000年頃にオークション会場を見学に行き、我が社のHPで批評した事もあるのだ、もう6年前の事である、その時は実際会場が設けられ実際にオークション形式で2回ほど行われた、しかし結果は燦々たる物でとてもオークションとしては機能してないようにみえた、それがその間に株式上場しテレビCMまで行うようになったのである、何があったのであろうか?その間目立った事をしてるわけでもないのに・・・。  今日はここまでにさせてもらって、次回も不動産オークションについて続きを書いていきたい。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

私の変わった遊び心 
 2006/10/21 Sat 22:24:00
当社中山桜台分譲リビング 普通家への遊び心と言うのは、テレビのビフォーアフターの様に、建築家がそこに住まれる方の思い出の物を家の中に取り込んだり、ちょっとした家具とかの工夫をしてみたりとかが多かった、あの番組については多少オーバーな事も多かったが納得できる部分もあった、私も見習う部分もあったが、私の家への遊び心は多少変わっている。
 私は電気製品が好きなので電気系の遊び心を取り入れるのが大好きなのである、写真であるがこれは3年ほど前に建てた分譲住宅のリビングであるが、この天井にかすかに見えてるかもしれないが、スピーカーを埋め込んだ、別にスピーカーを天井に埋め込んでる家は、注文住宅ではありえる話だと思うが、分譲住宅では皆無ではないだろうか?なぜこんな事を思いついたかと言うと、昔とある医院の改装を行った時に患者さん呼び出し及びBGMを鳴らす為に、スピーカーをつけたのを思い出し、費用が思ったより安かったので(実質3万ぐらいだろうか?)思い切ってつけてみたのである、これが思いのほか好評だった為現在ではすべての分譲住宅に採用してる、じゃーこれってどう使うの?って思われるかもしれない、私は採用するに当たって、どの使い方があるか考えた、まずテレビの音を天井から鳴らすこれは部屋全体に音が広がり有効である、それとラジカセを購入しBGMラジオ等を聴いたり小さなお子さんがおられる家庭は子供用の音楽をかけるのもいいだろう、いろいろな使い道がある。
 電気系ではないが現在ではついてる分譲住宅も多いが、ニッチも7,8年前の分譲住宅に初めてつけた覚えがある、それも費用をかけずに余った材料を使ったであろうか、これも結構好評だったのを覚えている。  その他細かいこのもあるが、次回以降に考えているのは、外部監視カメラである、監視カメラと言えば何かものものしいが、私がPCパーツを買いに日本橋に行った時、防犯専門店で見つけた物は小さく、家についているダクト等に隠せば見えない、それをリビングについてるテレビジャックの横にビデオ端子つけてつないで上げれば、テレビの子画面で、絶えず外の道路の状況がわかるようになる、それなら今のテレビ付きインターフォンでも十分と言われるかもしれないがそれについてるものは視野が狭く、筆者もそうであるが何かカメラに向かってしゃべるのがはずかしくついついそらして話してしまう、このカメラがついていれば誰が来ようとも確認できるのである、それと旅行とかで不安であれば、ハードディスクレコーダーにつないで長時間録画すれば物によっては1週間録画できると思う、そのような使い方ができるのだ、しかしまだつけた事がなく、付けるまでには実験も行わなくてはならない。
 この記事を読まれてこんなん初めてじゃーないやんって思われるかもしれないが、私がいかに安くこれらの物を付けれるか考えている、お金をかければいいと言う訳じゃないからだ、住まれた方に安くていろいろ便利なものを付けれるようにこれからも知恵をしぼっていきたい。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

 2006/10/20 Fri 21:30:00
 昨日まで3連荘で飲みに行ったためまともな記事が書けなかったので、今日はまともな記事を書きたいと思う、それと今日は今はかけないが、結構興味のある情報も得たので、また後日書いていきたいと思う。
当社蛍池西町分譲写真加工前 先日我が社の分譲住宅の撮影会を行ったことを書いたが、その時取った元の画像が、右の画像である、やはり広角レンズで撮ったので、建物の上のほうが湾曲しており、何か家がまっすぐに建っていないように感じられる、それと家の外観撮影に一番に邪魔にあるのが電線である、電線はそれだけじゃなく容赦なく影も映って、家の外観をすごく損ねるのである、このままでは、家自体のイメージがとても悪くなってしまう、しかしさすが広角レンズ家全体は捉えているので、私はこの画像をフォトショップを使って加工してみたのである。
当社蛍池西町分譲写真加工後 加工した画像が右の画像である、小さくて醜いかもしれないが、(大きい画像はこちら)加工した事により建物はほぼまっすぐ見え、電線も消えてると思う、今まで竣工写真を何回も撮ってきたが、ここまで満足できた竣工写真は初めてである、加工はごまかしと言われるかもしれないが、もし近くの方であればぜひ見られて欲しい、こちらに現場地図があるので、現実の物件も相違ないと思う。
当社蛍池西町分譲リビング 次の写真は内観の写真だが(大きな画像はこちら)、これは加工していない、広角レンズはリビングのキッチンから収納棚まですべてを1つ画像の中に捕らえている、これは普通のカメラではとても無理なことで、例えば普通のカメラではとても撮影不可と思われる、洗面所や便所等の小さな空間でも、広角レンズは被写体をすべて捕らえるのである、広角レンズのすごさは知っていたが、体感するとすごく家の撮影には絶対不可欠なものだと今回の撮影で本当に実感できたのである。
 今まで現場の前面道路が広いところはいい写真がとれたのだが、狭い道路の現場はどうしても、普通のカメラでは建物全体がとれず、とても苦労したものだ、それに室内の撮影ではなおさらである、私は今回お借りしたがぜひ購入を考えたいと思っている、色んなブログで家の写真をアップしてる物も多いが、これから建築をされる方で記録を残していきたいと考えられてる方も、是非広角レンズ付きデジタルカメラの購入をお勧めする。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

今日も飲み会 
 2006/10/19 Thu 23:08:00
 今日も飲み会だった、仕事上のことであるが3連荘はいけないなぁーと思いつつ、大酒飲みの私には楽しかった会であった。事実上今日はお休みにさせて頂きたいと思う。
PS・・・そろそろまともな記事を書かないとと思ってる日々で反省してる筆者であった。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

このブログの解析 
 2006/10/18 Wed 23:33:00
 今日も連続して飲み会であった、今日も短文で終わりたいと思う、昨日このブログの詳細なアクセスの解析が見れたので、見て見た。まずページビューであるが、1日平均15人ほどのこのブログで1日平均50ページビューとなっていた、このページビュー誰かがブログに来て何ページちょっとぐらい見たのかと私は捉えてるのだが、15人に対して55ページビューという事は、1人平均3記事を読んでる計算になるのか、もし私が思ってる通りならうれしい限りだ、私もブログを検索することがあるが、見るからにひどいブログは、その時点で消してしまうので、そうであればうれしく思う。それとこのブログにたどり着いた検索ワードであるが「タマホーム」が全体の半分をしめていた、ここまでタマホームは現在注目されてるのがよくわかった、肝に銘じて記事を書かないとと改めて感じた瞬間である、それと目に付いたのは飯田産業等のパワービルダー系の検索ワードであろうか、いずれも建築業界をかきまわしている、会社の注目度が改めて高いことがよくわかった、ブログと言う物ここまで親切に教えてくれるものだと改めてそのすごさがわかった、確かにこのブログは現在ローコスト系の住宅の記事が多いので今回はこんな結果になったのかもしれないが、これからもっと色んな方面から検索されるように記事を充実させたい。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

今日はウダウダ 
 2006/10/17 Tue 23:39:00
 今日は飲み会があった為、何となくウダウダ書いてみたいと思う、私は仕事で建築不動産の事、色々するのだが一番難しい仕事は不動産の価格を決めることである、不動産は他の物品販売とは違い何割引とかそういう事が通じない、定価がそのまま販売価格になる為、非常に気を使いのである、中古マンションであればタイプ事に販売価格は決めやすいのであるが、一般住宅の場合、どの物件も同じものはないので難しい、事業で角地と普通の土地の価格の配分を間違えたりすると、物件全体自体が販売不調になりうる事もあるぐらいだ、土地にしろ分譲住宅にしろ、すべてがONLY ONEになる為、その価格配分には非常に気を使うのである、何故そんな事を書いてるかというと、今私がそれに直面してるからだ、非常に難しい作業をしてるからついつい書いてしまったが、今はほろ酔いなので詳しくかけないが、また不動産の価格のつけ方について詳しく述べたいと思う。
PS・・・本当にウダウダ書いて終わってしまった今日は。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

最近の不動産 
 2006/10/16 Mon 23:17:00
 今日は何故か体調が悪い、週末お休み中に、HPの更新をしてたのが響いたのだろうか?とにかく早く調子よくなりたいものだ。
 最近は分譲住宅系の記事が多くなってたので、最近の不動産について書いていきたいと思う、ブログを始めた頃に書いた異常な不動産価格の上昇だが、いぜんその傾向は続いているみたいだ、しかし最近になってからその上昇は頭打ちになってきてると思う、前も書いたように一部の地域では価格が去年末より1.5倍になってる所もあったぐらいだから、この調子では上がってはいく訳もなくようやく落ちつきを見せてきたようだ、仕事上色々な不動産屋さんと話をするが、調子よく売れてますよ言う意見と、最近になって急に売れ止まったと言う意見と、さまざまである。私が思うに新築系を主として販売してる会社は売れない、中古系が強い会社は売れると言ってるようにも見えた、それは前も書いたように、業者が中古住宅を高く買い、それを分譲住宅にすると高くなるので、新築が売れないと見ている、過去の記事「最近の不動産価格」にも書いたが、今の状態が崩壊の兆しを見せてるのだろうか?ちらほら経営状態が危うい業者も出てきてるようだ、確かに今の状態、パワービルダーの台頭を考えなくても業者数が、異常に多いと思ってるのは私だけだろうか?

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

今日はお休み 
 2006/10/15 Sun 23:21:00
 今日は先週見たタマホームについて書こうと思ったが、まだタマホームについて分析でききれてないことが多いので、それについてはある程度めどがついてからと考えている、今日も1つだけ家を見てきたのだが、また明日以降に書いていこうと考えている。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

 2006/10/14 Sat 21:45:00
少し変わった分譲住宅「内部画像1」 昨日の続きであるが、中に入って見ると、杉がふんだんに使われた内装で、木のいいにおいがプ~ンと香りとでもいい印象であった、写真は営業MANが来るまでに撮った2枚しかないが、右の写真は、杉の天板を使ったキッチンである、この家はお風呂も木で作ってあり、その辺はすごいこだわりを感じだ、内装も床は当然杉の板であるが、壁の腰から上は漆喰塗りであった、少し変わった分譲住宅「内部画像2」すべてが木で仕上げているととてもくどい内容になるのだが、漆喰の白色がうまく調和している、この物件は6月に完成したらしいのだが、ひび割れ等もほぼ見られず、材木も職人の腕も悪くないと思われる、次の写真は、2階の部屋の天井を撮った物であるが、最近では珍しい小屋丸太の梁を使い、それを見せている、間取りは?な部分もあるが、内装の仕上げ方や木のにおい、内装は一見の価値があると思えるぐらいであった。
 しかし何故この家が売れないのであろうか?問題は値段にあると思われる、周りの物件は60坪以上土地がついて2000万円前後であるにもかかわらず、この物件は3600万円と言っていた、いくら家にこだわりがありいい物でも、この差は多きいのではないだろうか?

仕   様
基礎・・・・・・・・鉄筋コンクリートベタ基礎?
構造・・・・・・・・在来木造住宅
屋根・・・・・・・・和瓦葺き
外壁・・・・・・・・焼杉貼り
洋室和室・・・・ラスボードの上漆喰塗り

筆者採点
外観デザイン    ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
内観デザイン    ★★★★★★★☆☆☆
間取り設計     ★★★☆☆☆☆☆☆☆
構造         ★★★★★☆☆☆☆☆
設備         ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
シックハウス対策 ★★★★★★★★★★
施工         ★★★★★★★★☆☆
総合         ★★★★★★☆☆☆☆


にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

 2006/10/13 Fri 22:31:00
 今日は午前中、我社の現在打ち出し中の、分譲住宅の撮影会(そこまで対した事ないが)やってきた、撮影に来て頂いたのはプロではなく、私がお付き合いして6年ほどになる、不動産屋さんの所長さんと営業さんと我社の監督と私ではしごを使ったり、色々工夫しながら撮った、その所長さんが広角レンズ付のデジタルカメラをお持ちだった事と、来週に当社の物件のオープンハウスをやって頂くので、竣工写真撮りがてらに撮影した、所長さんは指を骨折してるにもかかわらず、はしごに登り懸命に撮影していただけだ、やはり私の作品が綺麗にとれたらとてもうれしく思う、また機会があればここにもアップしたい。
間取り さて本題だが、先週日曜日に関東系パーワービルダーの家の後にふと寄った、分譲住宅を検証していきたい、何故その分譲住宅に立ち寄ったかと言うと、タマホームに行く途中にあった事と、半年前にその分譲地のチラシが入ってて気になっていた物件であったためである、右の画像は間取りであるが(多少見にくい)、間取りに関しても少々変わっている、入って見て気づいたのだが、玄関とリビングが空間続きの為、山手にあるこの分譲地を考えると、冬場は玄関を開けるたびに冷風が部屋に侵入するように思われる、しかしすぐにリビングをいうのも、開放感がありいい雰囲気をかもし出していた。2階の間取りだが洋室1・3には大きな収納があるにもかかわらず、洋室2は広いが収納がない、これは実際生活をすると部屋が狭くなるような気がする、間取少し変わった分譲住宅「外観画像」りに関しては後で述べる外観とあわせてこれが新しい町屋スタイルなのだろうか?次は外観の写真だが、焼杉を外壁に使い、屋根は和瓦物件によっては2階部分はしっくい塗りを採用していた、外観写真は一部だが、それを見ただけでもかなり好き嫌いがわかれる者になっていると思う、私から見ると田舎か京都の町屋通りならいいが、この場所でと思われ、実際その区画はとても浮いてるように感じられた、間取りも好き嫌いがはっきりするだろう、それともうひとつ面白かったが、通常は樋が屋根の雨水を受けて、雨水会所を通り道路の側溝へ放流するのだが、この家は樋までは一緒なのだが、樋の下に大きな坪がおいてあり、そこから先は自然浸透で雨水を処理してるみたいだ、こんな物件見たことがなく、かなり新鮮であった。
 本日は間取り・外観を検証したが、明日は内部と総括を書きたいと思う。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

今日は久々に 
 2006/10/12 Thu 22:34:00
 今日は久々に、大阪の知り合いの店に飲みに行ったので、お休みにしたいと思います、次回は、日曜日前に書いた関東系のパワービルダーの家に行った後に、見てきた家の事を書きたいと思います、家に対する考え方がパワービルダーとは全然違って、結構楽しかったのでご期待頂きたい。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

ブログとは・・・。 
 2006/10/11 Wed 22:05:00
 今日も変なトラックバックとの戦いで、仕事が落ち着いてふと見て見ると増殖している、何か芸能スクープみたいな記事が多い、特に何故か「関東系パワービルダーの家①」記事に集中している、何か集中する意味でもあるワードが含まれてるのだろうか?何とかして欲しいものだ。
当社中山五月台分譲リビング ところで今日はちょっと一息と言うことで、昨日色々な住宅系のブログを見たので、それについて書いていきたい、やはりランキング等で上位につけてるのは、ユーザーの立場から書き込んだブログで、人によっては総予算等を書いてる人までいた。う~んネットの時代だなぁー、ちょっとぐらいぼかして書いたらいいのにと思える記事まであった。それと建築家系のブログも結構人気があったのだが、そこで1つ面白いブログを見つけた、自分のプライベートをだしてるのはわかったのだが、記事の内容が何かグルメのブログのように、食事をして料理の写真まで撮っている、それが設計の書き込みより多いように見えた、ふとこの人は何を言いたいのだろう?と思ってしまったブログだった。建築家系のブログはプライベートの事を書いてる物が多い、色々読んで感じた事はブログの世界での、法律はその人が決めてるって事だろうか?私のブログも結構スレスレの線まで書いてるが、私の中で決めてる事は、分譲住宅を検証する時は、外観写真は自社物件以外は絶対に乗せないって事だろうか、もしその住宅自体に住まれてる方がいやな思いをされないように、それとこれも自分の判断だが、大手等の写真は使っている、しかし個人住宅は基本的に自社物件以外は、載せないつもりだ、しかし自分で勝手に法律を決めてるので、それも多少引っかかるかもしれない、今の所対した読者数じゃないので問題ないが、何かの拍子に読者数が増えた場合は、対策も考えなければならないと考えている。
 私は前も書いたように、1日50読者がとりあえずの目標である、やはり先週のある1日は嘘だったのか、今週は読者も落ち着いている、確かに読者は増やしたいが、今の方向を変えるつもりはない、私はこれからもプロの目で色んな家を、検証してそれを記事にしていきたい。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

 2006/10/10 Tue 22:06:00
 最近変なトラックバックが増えている、ここ数日その退治ばかりである、会社にはよく迷惑メールが来て慣れっこになっているが、ブログまで来るとは・・・。これも立派な犯罪だと思うのだが、何か罰則でも作ってもらえないだろうか?
関東系パワービルダーの家「統括画像1」 本題だが今日は構造等を書いていきたい、写真にもあるようにキッチンにある、床下収納庫をはずし床下をチェックしてみた、すると驚いたことに、床束がない、この会社は在来木造住宅を採用してるが、1階床に2×4工法のような、束レスを採用したのだろうか?私が歩いたところ、床は別にやわらかい訳でもないので、強度はあるのだろう、しかしピアノとか重いものが乗った時関東系パワービルダーの家「統括画像2」大丈夫だろうか?その他は関西系パワービルダーと同じで外壁にはサイディングを貼っている、この系列のパワービルダーはみんなサイディングを採用している、これは工期が早く、ひび割れ等のクレームが少ないからだと考える、もうひとつは細かいが足場にモルタル壁のようにシートを貼らなくてよくコスト削減にもなるのだ。
 この住宅を見て感じた事は、我々の様な者から見ると、すべてがコスト削減に偏っていると思う、この家を見た時10年前の分譲住宅だと思ったぐらいだ、しかし分譲住宅と言う物は、昔から安物呼ばわれしてきたが、最近へたすると注文建築より設備が豪華になりつつある、いい意味で言えば、この会社にとって所詮分譲住宅は分譲住宅と割り切って、原点にかえってるのかもしれない。しかし外部は草がぼうぼうで、内部もいやーな雰囲気の現場は久しぶりに見た、この状態でこの住宅売る気があるのだろうかと思ってしまったぐらいだ。

仕   様
基礎・・・・・・・・鉄筋コンクリートベタ基礎
         構造・・・・・・・・在来木造住宅(剛床工法)(束レス工法)
屋根・・・・・・・・平型屋根スレート(カラーベスト)貼り
外壁・・・・・・・・構造用合板の上サイディング貼り
洋室和室・・・・石膏ボードの上クロス貼り

筆者採点
外観デザイン    ★★★★★☆☆☆☆☆
内観デザイン    ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
間取り設計     ★★★☆☆☆☆☆☆☆
構造         ★★★★★★★☆☆☆
設備         ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
シックハウス対策 ★★★★★★★☆☆☆
施工         ★★★☆☆☆☆☆☆☆
総合         ★★★☆☆☆☆☆☆☆


にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

 2006/10/09 Mon 22:28:00
 実は本日も懲りずに住宅を廻ろうと思っていたのだが、最近風邪が治らず、昼まで寝てしまった為行けなかった、とても残念である。
関東系パワービルダーの家「内部画像1」 今日は予告どおり関東系パワービルダーの家の中を検証したい、1枚目の写真は1階リビングと和室の取り合い部分を採ったものである、このパワービルダーの家は昔何かのHPで今時網戸がオプションになってると言われてた、この物件も例に漏れず、網戸がついてなかったのだが、1つ気づいたたことはカーテンレールだけはついてるのである、通常カーテン類は家にはつ関東系パワービルダーの家「内部画像2」いておらず、網戸はついてるので、これも特徴といえば特長であろうか?変わってる仕様である、続いては和室の写真である、この会社も関西系のパワービルダーと同じ考えで和室軽視であり、洋室に障子と畳がおいてあるだけのものって感じである、我社では畳は竣工してお客様が入居寸前まで畳を入れない、理由は畳が焼けるからだ、2つのパワービルダーは当然のよう関東系パワービルダーの家「内部画像3」にひいてあった。う~んまぁーこんなもんでしょ?続いてはリビングのキッチンであるが、ミカドのノーティルであった、しかし写真を見て頂いたらわかると思うが、キッチンが丸見えでとても奥様たちが喜びそうなキッチンではないのが写真でお解かりになると思う。
関東系パワービルダーの家「内部画像4」 もうひとつびっくりさせられたのは、写真ではわかりにくいが、インターフォンが、モニターつきの物じゃないって事である、最近の分譲住宅はほぼ100%と言っていいほどの標準品であるが、ついてなかった、確かにこの家はモニターで確認しなくても、誰が来たかわかりやすいと思うが、これが全国標準だとここまでコストダウンしてるとは?と考えさせられる物であった。次の写関東系パワービルダーの家「内部画像5」真は建具類の写真、これは永大のカスタムと思われる建具がついていた、設備で驚いた事は私の勉強不足かもしれないが、便器と洗面化粧台にジャニスという会社の製品がついていた事、私はその会社を聞いたことはなく、特に便器はTOTOとINAXぐらいしか思い浮かばなかった、浴室は日立ハウステック製であった、設備等の印象はすべての製品が機能性だけで、最低ラ関東系パワービルダーの家「内部画像6」ンク品を採用してた事だろうか?最後に見たのがリビングに大々的に飾ってた、CO2濃度センサー付24時間換気システムの説明があった、この換気システムは第3種換気システムであり、ついてるにこしたことはないと思うが、通常の自然換気(窓を開けたりすること)で十分だと思うのだが、そしてバルコニーには関西系パワービルダー同様物干しがついていた、これはこのグループの仕様なのだろうか?
 間取りのほうはそつなくまとまっており、別に何も書くことはないが、やはり問題は昨日検証した内部同様、どういったらいいかわからないが、薄汚いのが一番気になった、新築なのにそう見えないようないやーな雰囲気で、施工も関西系パワービルダーと同様のものであった。次回は総括をしていきたいと思う。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

 2006/10/08 Sun 22:20:00
 またもやトラックバックが追加されている、今度はタマホームだ、私が今日モデルハウスに行くのがわかってたのだろうか?いやそんな事はない、何故ブログの内容も見ずにリンクを貼るのかがわからない、こんな事をしてるとその会社のモラルまで問われるような気がするのだが?またしばらくそのまま放置する事にしよう。
関東系パワービルダーの家「間取り」 予告どおり本日は色々物件を回ってきた、タマホームも行ったのだが、まず関東系のパワービルダーの家から検証していきたい。この物件は我社がある市の真ん中辺りに建てられ、駅も遠くバイパスも近いので住環境としては優れてるとはいえない場所にある。まず間取りだが、分譲住宅でよく見られる普通の4LDKである。
関東系パワービルダーの家「外部画像1」 まずは外回りからチェック、この写真は玄関の前なのであるが、写真が小さくわかりにくいと思うが、槌の部分はまったく整地されてるといいがたく、石ころがごろごろしていた、まずこれに面食らってしまった、それと写真右の2段のブロック、家の顔といえる部分に普通の見栄えの悪いブロックが使われている、通常なら家の前には化粧ブロックを使うのがいいと思うのだ関東系パワービルダーの家「外部画像2」が、これもコストダウンの手法なんだろうか?それと次の写真は2階窓から撮った、家の裏にあたる部分の通路を撮影したものであるが、草が1メートル近く生え茂ってしまっている、この物件は8月末に竣工したらしいが、誰も見に来てないのであろうか?外から見てるとまったく商品として成り立ってないような気がする、この状態で買いたいと思われる方がいてるのだろうか?外観自体はそつなくまとまり、まともな外構工事をすればそれなりには見えそうな感じなのに、もったいない気がする、これが一応大手の仕事らしいのだが、ここまでで中の感じも何か予想できそうな感じだ、次回は中を検証していきたいとと思う。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

明日は・・・ 
 2006/10/07 Sat 22:07:00
仮称長尾台分譲CG 私は明日から連休である、連休のうちにどこの家を見に行こうか迷っている、今日チラシが入っていたタマホームにしようか、それとも知り合いの不動産屋さんにたのんでた、関東系のパワービルダーの家に言ってみようか?今は設計をしてる時間が多いので家を見に行くというのは、どんな家でも役にたつのだ。またレポートしたいと思う、今日は思考中なので、この辺で失礼したいと思う。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

私の仕事① 
 2006/10/06 Fri 15:33:00
 昨日家に帰って、ブログの訪問者数をチェックすると、おとついの倍になっているではないか、ブログを作ってから色々検索サイトに登録したり、地道な作業はしていたのであるが、まさか倍に増えてようとは、これは一体??私の目標はプログを見ていただける人が1日50アクセス、もっと欲を言えば100アクセスなのであるが、何せ住宅不動産は興味がある人の母体自体が少ないと考えていたので、まぁー50人平均ぐらいいけばいいかな、と思ってのであるが昨日はその数に迫ってきたのでびっくりした、しかし今日は今投稿する前で3アクセスなのでどうなってるんでしょ??意味がわからないです。それと最近トラックバックもちょこちょこされてるようだ、しかしその業者は、旭化成とかどっかの情報サイトでありとても共感してくれたとは、思えない。多分建築関係のサイトを探して適当に貼っているのだろう、決してハウスメーカーに賛同してないこのブログにリンクを貼るとはいい根性してる、もう少し読んでから貼ってもらいたいものだ。でも面白いのでしばらくは貼ったままにしておこう。
CG画像加工前 私は今とあるプロジェクトの、平面図作成の仕事をしている。右のパースは作成途中の物だが、どうもしっくりこない、見られてる皆さんは特に外構とかがないので余計にしょぼく見えるかもしれない。この作業ここからが大変なのだ、結局は私が満足できるかできないかだけなのであるが、それが長くなると、1週間にものぼる事もあるのだ、当社蛍池西町分譲CG書いてはやり直しその繰り返しである、実にもどかしい作業なのだが、ぴたっとはまった時は何者にも変えがたい充実感があるので、ついつい頑張ってしまうのである。次のパースが最近できた物件のパースである、これも3日はかかったであろうか?別に何も考えずに普通のプランを考えるだけなら、大体30分ほどでできるのだが、プランの2次元の世界とCGの3次元では大きな違いでバランス等を考え綺麗な家にしようとすると、時間がかかるのである、私は凡人なのでそれくらいかかるが、天才はもっと早いかもしれない。しかし色々なパターンを試すのでそれがまた別の物件で活きることも多い、気の遠くなりそうな作業ではあるが、結構この作業楽しいものである。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

 2006/10/05 Thu 14:32:00
 今日は先日書いた、関東系パワービルダーについての続きを書いていきたい。
 それにしてもすごい勢いで関東地区を制覇といってもいいぐらい荒らしまくった、パワービルダーだが、その関東系のパワービルダーが遂に関西にも上陸したのだ、アーネストワン、飯田産業は飯田ホームと名前を換え、今年になってから一建設もやってきたのだ、2年ぐらい前までは飯田産業系の関西系パワービルダー1社であったが、そこに3社も追加されたのだ、わが社のある市では飯田ホームはよく聞くがアーネストワンは聞かない、遂に拡大路線はここにまでやってきてしまった。これは共食いなのだろうか?何を考えているかまったくわからない、取り合えず飯田ホームを近年中に上場させようとしてるのは、間違えないと思う。
 こうやって飯田産業系のパワービルダーはタクトホーム、東栄住宅以外はすべて関西に進出した、関西と関東ではやり方違うのか、思ったほどの勢いでは伸びてこないが、これからどうなることやら?これらパワービルダー全体に言える事だが、従業員数に対しての建物の棟数が極端に多く、数字から見ても、建物がおろそかになってると言わざるをえない。でもこれは数字上のことであり、関西系のパワービルダーのように検証してない、わが社の近くに関東系が建てた物件があるらしいので、またレポートしたいと考えている。
 以上2回に渡り関東系のパワービルダーについて書いてきたが、このスタイルは今まで考えられなかった、ビジネススタイルであり、ここまで伸びたと言う事は、ひょっとして我々の考え方が古いのかもしれない、しかし私が思うに家はまだ工場生産できるものでなく、人(職人)の手が物をいうと業界と思っているので、きっと将来的に歪みが生じてくると思うのだが・・・。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

 2006/10/04 Wed 14:39:00
 前に関西系のパワービルダーについて書いてきたが、今回は関東系のパワービルダーについて書いていきたい。  関東系のパワービルダーのすごさはこのページを見て頂けたら、わかると思うがあの天下の積水ハウスを上回る棟数を建てている、そのHPを見て頂けたらわかると思うが、水色が飯田産業グループなのである、これも2003年の話で最近だとこのページにのっている棟数を建てているのである。2005年だと飯田産業関係のパワービルダーの分譲住宅の戸数は15000戸を建てている、それもほぼ関東圏だけである、15000戸と言えば有名な住友林業が全国で1年10000戸ぐらいであったと思う、それを関東圏だけでその1.5倍とは恐ろしい、前に紹介した関西系のパワービルダーはせいぜい1500戸で関東の比にならない、実はこの関西系のパワービルダーも飯田産業系の会社なのである、この会社の考えはできるだけ早く株式上場をさす事らしいと聞いたことがある、前にも述べたように関西系のパワービルダーも例に漏れず、上場してしまった。いくら関東の方が人口も多く需要があるとはいえ、10倍以上にもなってるとなると、関東圏の不動産は荒れに荒れまくってる感じがいがめない。15000戸となると1日平均で400棟建ち、400人もしくは家族がいてるので1500人ぐらいが、そのグループから家を買ってる計算になる。  このグループ自体母体と思われる、飯田産業が新しいビジネススタイルをしかけたのが成功したわけだ、確かに会社の成立は最近の物と、後発に分かれているが、一番棟数が多い一建設を除いて、すべて株式上場している、それも今世紀に入ってからだ、そして上場してからは棟数を伸ばしだし、今は一服と言った所だがそれでもすごい棟数を維持してる。  このグループの考え方は、どの会社も一緒で家は住めたらいいとにかく安く設定しお客さんをひきつける方法である、では何故ここまで伸びたのだろうか?

①・・・分譲住宅は安物でいいという考え方であり、住めればいいと徹底している。
②・・・家は殆どの方が、一生に1回しか買えないものであり、リピーターがいらない
    のでサービス等も割り切っている
③・・・お客さんの家に対する意見を取り入れない事で、工事が簡素化できる。
④・・・株式上場すればお金が集まって来るので、資金に余裕ができる。

 大まかに言えばこんな物か、確かにこの考えで立派な会社になったのだから、すごいなとは思うが、特に住宅を供給する会社全般にも言えることだが、?の項目でいい加減なことをしてる業者が多いのが本当に我々同じ業界のものとしてとても情けなく、分譲住宅だからいいわって言う考えでここまで伸び、問題はあっただろうけどそれを取り上げないマスコミ等もCMとかが絡んでいるのか、取り上げない。その結果このような会社グループが残っている、業界の中ではもうつぶれるやろ~とか言ってる人もいるが、ウダウダ言っても将来どうなるかは神のみぞ知るである。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

住宅展示場探訪② 
 2006/10/03 Tue 22:11:00
 ついにやってしまった、無断ブログ欠勤を・・・。実は昨日も飲み会であった、やはり飲み会後は何もやる気がしないものである。最近風邪気味な事と色々考え事が多いせいか、余計にお酒がよくまわる、もっともっと自分にムチを入れていかないとと考える日々が続いている。
間取り1階 余談はさておき、先々日の続きのS×Lの住宅展示場の続きを書いていきたい、まずは玄関から右の間取りを見て頂いたらわかると思うが、和室へと続く土間がある、これはそれこそこの家の題名「新世紀・日本の館」のコンセプトに合わせて作られているような気がする、玄関と土間には黒いタイルが貼られ落ち着いた感じだ、しかし先日検証した外観と全然ミスマッチに間取り2階なってる気がする、うーんここにもデザインの迷いがあるのだろうか?進んでホールを過ぎリビングに行くと、あららすごくモダンではないか、白を基調としたクロスに壁にはデザインされた貫通穴いきなり思い切り現代の住宅になっている、何かこの時点で一貫性がなくて見る気をなくしていると、パートのおばさんがアンケートお願いしますとやってきた、そしてアンケートを書いているとお決まりの様に営業マン登場、私が「今後の参考に写真取らせて頂いてよろしいですか?」聞くと営業マンが「いや・・・基本的には駄目なんです」と言われてしまった、ここで私が「あっそうですか、家を見せて頂きます」と言って後で、営業マンの話を聞けばもっとレポートもできたのであるが、短気は私は「あっそうですか、ならいいです」と出て行ってしまったのである、あ~何て不覚、1階はある程度見たが、2階は見てない、設備はメーカー品の中程度といったとこまでは、把握したのだが・・・。という事で中途半端なレポートになってしまったが、プロから見たなりにこの展示場のテイストは把握する事ができたので、点数をつけたい。

仕   様
基礎・・・・・・・・鉄筋コンクリートベタ基礎
構造・・・・・・・・2×4工法
屋根・・・・・・・・S瓦葺き
外壁・・・・・・・・ラスモルタルの上リシン吹付け、一部タイル貼り
洋室和室・・・・石膏ボードの上クロス貼り

筆者採点
外観デザイン    ★★★★★☆☆☆☆☆
内観デザイン    ★★★★☆☆☆☆☆☆
設計          ★★★★★☆☆☆☆☆
設備         ★★★★★☆☆☆☆☆
目立ち度       ★★★★★☆☆☆☆☆
施工         ★★★★★★☆☆☆☆
総合         ★★★★☆☆☆☆☆☆

後記・・・この展示場は久しぶりに来たが、ずいぶん前に来た時より、展示場数が減っている、ハウスメーカーも勝ち組負け組がはっきりしてきているのが、ここにも表れてるのであろうか?去年に我社がある市に新しい展示場ができたが、その影響もあるのかもしれない、私はこの展示場の雰囲気が大好きなのであるが・・・。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

住宅展示場探訪① 
 2006/10/01 Sun 16:10:00
 ここ最近ブログの更新をサボる事が多くなってしまった、私が自分で勝手に決めた事だが、できるだけ記事は休むことなく、書いていこうと思う、でも週に1回ぐらいはお休みしないと、ちゃんとした記事が書けないと思うようにもなってきたので、ほどほどに休みながら頑張って、これから住宅等をお考えの方の参考になれる記事を書ける記事を書いていきたいと思う。
住宅展示場探訪① 本日行って来た住宅展示場は、わが社の隣市にある展示場で、出来てから10年ちょっとは経つだろうか、確か阪神大震災前後に出来たと思う、今日は雨ということもあり来場がとても少ない、そこで私が行ったのは、S×Lの家に入った、この家の名前は「新世紀・日本の館」と言うシリーズらしい、まずは外観からだが私のS×Lイメージは和風のテーストを入れた斬新なデザインがとても好みに合い屋根勾配も緩やかで大らかに見える家が多かったが、今回の家は、S×L独特の切り妻屋根はそうなのだが、勾配がきつく今までのイメージと少し違う感覚である、吹き付け壁とタイルのコンストラストもどちらかと言うと軽い感じに見える外観である、私は昔のもっと重厚に見える外観の方が好きであるが、何故このようなテイストの家を手がけるようになってきたかは、私が想像するには、三井ホームや住林2×4のように他の2×4メーカーが超洋風住宅が現在需要が多いので、その方向に多少振ってる感じがする、その外観には迷いが見られ、昔は展示場で存在感を見せ付けていたS×Lの建物もここでは普通の建物になっている。明日は中を見た感想を書いていきたい、しかしちょっとしたトラブルで、家の中を良く見れなくなったのが残念だったが・・・・。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。



copyright © ウダウダ工務店日記・・・ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。