ウダウダ工務店日記・・・
兵庫県宝塚市にある工務店のウダウダ日記・・・


スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
住宅建材の高騰 
 2007/02/21 Wed 21:48:00
 去年ぐらいからであるが、住宅に関る設備、建材等の価格が高騰している、例えば我々がコンパネと呼ぶ、畳一帖分のベニヤであるが価格が1.3倍ぐらいになっている、木材も高騰してる、アルミ建具メーカー、住宅設備メーカーも去年から今年にかけて定価自体を10%値上げしてきている、我々にとってとても深刻な状態である、2年程前から中国の需要で鉄等が値上げになってるのはわかったが、今度は石油の状態と地球温暖化の問題で上がってるのだろうか?しかし木材等は私の予想であるが、昔から先物取引のような感じで取引されているので、今はきっと抱え込んで大もうけしてる人がいると思われる、しかしこれだけ温暖化問題が言われればこれからは確かに木材は値上げは避けられないかもしれない。
 私が一番腹が立つのが大手設備メーカーの定価の値上げである、みんなほぼ同じようなタイミングで値上げしてきている、理由に資材の値上げ等を言っているが定価に対する材料費等の割合はとても低く、何か最近低迷していた価格を持ち上げようとした便乗値上げとしか私からは見えない、多分大手メーカーは増益方向に向かうように思われる、一番困るのは我々である、それとローコスト系のハウスメーカーではないだろうか?大手ハウスメーカーの一部はもう値上げをしようと考えてるところもある、しかしローコスト系はその流れに乗れるだろうか?それと分譲住宅の場合も売れる価格が決まっていて、更に最近の土地価格の上昇で一番打撃をうけそうである、不動産屋系分譲住宅の場合は安い下請けに多分同じ価格で家を建てさせるであろうから、余計に質が落ちるであろう、ローコスト系分譲住宅の下請け業者等には会社の存続に関る問題だと思う、前に言ってた不動産業者の倒産、建築業者の倒産等今年から来年にかけてどんどん増えるかもしれないと私は予想する。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

スポンサーサイト
 2007/02/19 Mon 14:30:00
 前からお伝えしていたが、自宅の引越しでPC等も時期自宅に持っていった為、更新が出来ていない、今日は少しだけ会社で書いているが、書くネタがあっても更新できてないのは、辛いものだ、出来るだけ会社で時間があれば更新していきたいが、しばらくは中々出来ないと思う、落ち着けばまた色々な情報を書いていきたいので、もし楽しみにいて頂いている方がおられれば、もうしばらくお待ちいただきたいと思う。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

 2007/02/14 Wed 22:13:00
 今日は引越し等で時期家にパソコン机等を持って行ってる為、地べたに置いてある、パソコンに寝そべって記事を書いている、非常に書きにくく、そしてお世辞にも誉められた格好でない事だけは確かである。
 今日は建築条件付宅地について書きたい、我社はあんまり建築条件付宅地という物を販売しないが、今回私にとって初めて経験したのでそれについて書きたい、分譲地で更地の状態で売れて注文建築のようになった分譲住宅は経験あるが、このような形態で取り組んだことははじめてであった、この物件の場合は12月の初めに契約し銀行等のローンの条件をやり、プランの打ち合わせ設備等の打ち合わせをし追加等が発生した場合は始めの条件にそれを加えて、もう一度契約を結びなおす方法がとられた、よく建築条件付宅地は3月以内に建築請負契約を結ぶと書かれてる場合が多いが、今回は追加金額を含めて新たに、分譲契約を結ぶ方法がとられた、実質的には注文建築に近い分譲住宅と言った方がいいだろうか?しかしどちらにしても打ち合わせの多さなどは注文建築と同じで建築の打ち合わせ好きな私にとっては楽しい時間であった、日ごろ我社があんまり経験しない方法での契約であったが、少し方法は違ったのだが、ここを読まれている方で建築条件付宅地を契約しようと考えられてる方で、気をつけたらいいと思われる点を何点か書いていきたい。

①・・・契約から建築確認提出までやたら急ぐ業者、基本的にはほぼ注文建築なの
    で最低2週間は詰めて打ち合わせを行いたい。
②・・・やはり分譲住宅と一緒で不動産屋が売主の売り物は設計士、建築業者、営
    業がばらばらなので注文建築とは思えない選択肢の少ない所が多い、いじ
    れるのは間取りだけとかの場合が多い。
③・・・もし標準品以外で追加が発生しそうな場合、契約前にあらかた金額を聞いて
    た方がいい、この方式の場合追加金額が異常に高く見積もられる場合があ
    るからだ、もし異常に高ければその業者から買うのはやめた方がいいだろう
    (比較するのはネットとかで調べると異常に今度は安い場合があるので注意
    見積もりに品物の定価が書いてない場合、定価が出せると思うので定価とか
    でそのままの見積もりの場合は高いと言える)

 細かい事を言えばいくらでもあるが、もしその同じ分譲地で建築済みの物を外観でもいいので見られたら、見た目だけでも注文建築度を知る事ができる、例えば同じ宅地でも瓦とカラーベストが混在してるとか壁の仕上げの種類が違っていたりしたら注文度が高い可能性がある、その辺がクリアしたなら一度希望の間取り等を書いた一覧表を作って持って行き、プランを書いてもらって(何回もは無理と思う)感覚的に希望がかないそうなら契約してもあまり問題は無い様に思われる、ここに書いてある事ですべてがうまくいくと思ってもらうは危険だと思うが、後は営業の対応等色々な他の要素は自分の目で確かめ、いい家を建ててもらいたい、しかし現状は建築条件付宅地と言えども、注文建築を売りにしている大手ハウスメーカーはお金さえ出せばそこそこだろうが、注文建築として捕らえるのでなく分譲住宅の自由版として捕らえている業者が多いのが実情である。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

今年の分譲住宅の動き 
 2007/02/12 Mon 19:01:00
 この連休私は引越し作業をしていたが、前も書いたが結婚して4回目の引越し作業は、今月10日で39になった私にとって、とてもしんどい作業であった、今までは仕事を終わった後でも物を運ぼうとしていたが、今回はしんどくて昼間だけの作業となってしまった、今日も体の節々が痛く、明日からの忙しい仕事に影響をおよぼさないようにしていきたいと考えている、それにしてもしんどい3日であった。
 そんなこんなで分譲住宅を見に行く暇も現在はないわけだが、今年に入って分譲住宅の動きはどうなのであろうか?特に1月に限ってはとても動きが鈍かったらしい、去年もそうであったが、やはり今年に入っても2500~3500万円までの住宅が中心で動いてるみたいで、1月についてはその価格帯でさえも動きが少なかったらしい、去年の暮れから今年にかけて、パワービルダーでさえも、今までタブーとされていた価格帯の分譲住宅を出してきた、4000円台、5000万円台など今まで高くても3000万円台後半の分譲住宅しか供給してこなかった、パワービルダーでさえ高価格帯の分譲住宅を出すようになってきた、しかし分譲住宅の価格は今年に入り落ち着くと思われ、値段もこなれたものが出てくるように思われる、去年から引き続きであるが、建築条件付宅地は今年も多いように思われる、それは建築資金に恵まれない分譲会社が高くなった土地で利益を出すのでなく、建築で利益をとろうとしている業者が多い為だ、その場合建築はそうでもないが追加金額等が高くなる場合もありえる為、注意して頂きたい。
 今年は去年同様の状態がしばらくは続くと思われるが、前からも言ってる様に去年からの土地価格上昇の影響で、企業の体力が鈍ってる会社が多くなりそうなので、分譲住宅特に建築条件付き宅地を購入される場合は購入者も相当注意して買われる方が懸命だと思われる、そうじゃないとせっかく一生に一度の大きな買い物の住宅を建てた会社が、数年後なくなるって事が現実に増えるかもしれないし、後で文句を言っても後の祭りになるかもしれない・・・。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

近況報告 
 2007/02/09 Fri 22:10:00
仮想3階建て住宅CG 最近の私の仕事だが、自分の仕事が忙しくなってきたのもあるが、それに輪をかけて自宅の引越しもあるからたちが悪い、本格的な引越しはまだ先なのだが、いつも私は引越し業者などを利用したことがないので、会社のトラックでぼちぼち運んでいく、仕事が忙しいのもあるがこれまで以上に自宅の引越しがネックとなっている、しかし今まで借家暮らしで結婚から3回目の引越しになるが、ようやく持ち家となる為しばらくは落ち着けるであろう。
 今現在私は時期分譲地の造成の図面やプラン図等を考えている、最近ふと思ったのだが、私は分譲地の参考プランを考えるのが、私のとってすごく苦手な作業だと気づいたのである、確かに参考プランなので自由にプランを書けるのだが、実際に建たないかと思ってしまうと、どうもスイッチが入らないと言うか気合が入らないのである、実際いつもお客さま等の要望が多いほど、気合が入り早目にプランができる事多いのが私の癖である。
 私の場合プランを作るとすぐにパースを作成にかかるが、それが自分の思うように進んで自分が思うような綺麗な家ができると、それを変えたくないという変な癖がある為に、変わってしまうかもしれない、参考プランは気合が入らないのかもしれない、その自分にとっていやな作業もしてる為か、忙しく思ってしまう。
 まぁーウダウダ書いてしまったが、今は2つの分譲地について色々試行錯誤してる途中である、またおってここに公表できたらいい思っており、その為にも頑張るつもりである。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

少し変わった仕事 
 2007/02/06 Tue 21:49:00
 私はこの業界の者としては珍しく、他業種の知り合いが多い、ラーメン屋さんの社長、HP製作会社の社長、プラモデル通信販売会社の社長、保険屋さんの社長等、本当に自分で言うのも変だが幅が広い、その中で居酒屋さんのオーナーである方の依頼を受け仕事をしたのが去年一番印象に残った仕事の1つであった。
樟葉「箱庭改造画像1」 1つ目の依頼は、ただ単にいすが並んでるテーブルの所に写真ではわかりにくいが、木造住宅の構造に使う柱等を組んですだれを吊る事で、より個室感を演出するといった仕事であった、何せ居酒屋さんで夜の11時半以降でないと仕事ができなく、職人を呼ぶと割高になるので、そのオーナーの方と店長さんと私で組み上げた、その方が見積もりを業者にかけると100万以上になったらしいが、簡単なアイデアで20万円ですむ事ができ、オーナーの方ともども楽しい仕事であった、居酒屋などは私も思うことだが、個室感を演出することで、雰囲気もがらっと変わるものでアイデアを出す事で店舗と言う特有な空間でもその雰囲気をたもったまま、できたのである。
樟葉「箱庭改造画像2」 2つ目は現在ある席のある場所を1部冷蔵庫置き場にする為、現在ある石貼りの壁を撤去して、写真のような板貼りの壁に変える仕事であった、たった4席をなくすだけの作業であったが、これはいくらなんでも素人仕事をする訳にはいかず、大工さんを呼び作業をしたのだが、思いの他、難関が多く終わったのが朝7時であった、先ほども言ったがただ作業するだけではなく一番重要なのは、店の雰囲気を絶対変えてはならないと言うことである、それと塗装の際お客さんが仮にもたれかかっても塗装が服装についてはいけないと言うこと、それだけを気をつけて、作業及び準備をした、ただそれだけの事と言えばそうかもしれないが、店舗の仕事は経験なくもないが、時間に追われイメージも大切に等、進みだしたら後戻りできないので思いの他しんどい事が多い、しかし終わったのが朝であったが、すごくすがすがしい気分であった。
樟葉「箱庭改造画像3」 実はこの仕事をさせてもらった時、私のミスで泊りがけの友達との家族旅行があったのだが、それとバッティングしていて、大阪の最南端、淡輪と言う海水浴場に昼間行き、夕ご飯を食べ8時ごろに会社のある、宝塚までもどりトラックに乗り換え、お店のある大阪の樟葉まで行き、作業を7時に終えた後またトラックを置きに宝塚まで戻り、また淡輪まで戻ると言うとんでもない強行スケジュールを樟葉「箱庭改造画像4」こなしたが、完全徹夜にも関らずとてもやり遂げたと言う充実感で気持ちよかった、多分大阪の方ならこの移動がいかにとんでもない事がわかってもらえると思う。                     この居酒屋さんは先ほども言ったが京阪沿線の樟葉にある樟葉モール内にある、箱庭と言う店で、私所からだと少し遠いが写真で見ると大きく見えないが、120席ほどある店で、完全個室もあるとりわけお酒好きな方には色々な珍味もありお勧めである、この記事を読まれた方で、近所の方がおられれば是非お勧めするので一度来店されて欲しい、ひょっとしたら私が手がけた席に案内されるかもしれないので・・・・。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

 2007/02/05 Mon 13:53:00
 今日も先日からの続きを書きたいと思う、では何故一番初めに書いたお客さんは、家作りに失敗したのであろうか?前の2回を読んで頂けたらわかると思うが、要は安ければ何でもいいと言われた事に問題があると思う、確かに家は高額であるので安い程魅力的であるのは当然であるが、前からも書いてるようにこの業界に関しては安けりゃ安い程問題がある事が多い、よくローコスト系の住宅メーカーが大量仕入れするので部材が安くなり、コストを抑えれると言うが、家に関して言えば人件費の方が比率が高いので、その辺を抑えればそれなりの物しか出来ないと言うのは当然のことである、前に私も調べたが実際我が社の仕入れとローコスト系の資材の仕入れ価格を調べたことがあるが、変わっても5~10%ぐらいであった、確かに安いといえばそうかもしれないが、思ったほどと言うか住宅全体で言えばめちゃくちゃ変らないものであった、ローコスト系は人件費を抑えてるのは明確で、それではいい家が建たないと思われる。
 実際最近タマホームの見積を見たが確かに本体価格は安く、これでいい家が建てば我々もうかうか出来ないなと思ったのだが、実際後で聞いてみると図面も現地を見ないで見積していたり、設計も斜線を無視した設計になっていたり、諸経費等も高い、はっきり言ってプロの仕事とは思えないものであった、それでもそのお客さんは、タマホームで建てたいので契約したらしい、しかし今の段階でこのような感じであれば今後も問題は多発するように思われる、今となって後悔している人、これから後悔するかもしれない人、色々だがこの記事を読まれている方でローコスト系を考えられてる方は、ある程度覚悟して望まないといけないと言うことである、当然ローコスト系で建てて満足の方もおられるだろう、しかし過度の期待は禁物であるのは確かで、後で色々言っても後の祭りであるので、家を建てる業者選びには本当に慎重になった方がいいと思われる。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

 2007/02/03 Sat 22:09:00
 昨日の続きであるが、誰でもいい物を安く買いたいと思うのは当然で、私もその考えである、特に人が買う物で一番高いと思われる、建築物になるとその傾向がより強くなるのは、当然だと思うのだが、先日書いたようにこの業界は安ければ思ったようにならない傾向が強いと思う、ではどのように業者選定を行えばいいのであろうか?
 まずは簡単なところから言うと、営業マンの質である、業者により営業マンでない場合もあるが、その人とフィーリングが合うかどうか、それとやたら早く契約を勧めてくる業者、この2つの事柄を重視してるだけで半分はまずまずの家は建つと思う、しかし大きな業者になればなるほど、営業が最後まであんまりお付き合いしてくれない所が多いので、その辺も注意したい、できれば設計の話もある程度できるような営業マンがベストだと思う、営業マンに関してはそんなところであろうか?
 次は自分が家に対してどこまで思い入れがあるかによっても、業者選定は変わってくるように思われる、家は安ければいい間取りさえ何とかなっていれば、それ程こだわりもなく少々のクレーム対応等も気にならないのであれば、ローコスト系及び分譲住宅等の下請けをしている工務店でいいであろう。とにかく安心感が欲しい予算はある程度あるし家にもある程度こだわりたいのであればハウスメーカーがいいと思う。予算は限られてるが少し余裕はある、しかし家にはこだわりたいのであれば設計士のいる地場工務店がいいと思う。予算は気にならないとにかく個性的な家にしたいのであれば設計士が提案する地場工務店に頼むのがいいであろうか?色々なタイプがあるが、すべてこれにあてはまるかどうかわからないが、大体こんなところだと思う、それぞれ一長一短である。
 この中で一番厄介なのが、先ほど一番前に書いたローコスト系である、実際我社は3番目にあたるのだが、ローコスト系等を考えてる人はある程度は、妥協がないといけない部分が多いと思う、反論する方もおられるだろうが、私が色々体験したり聞いた話では、ローコスト系のトラブルが一番多い、次にハウスメーカーであろうか?先日も言ったようにこの業界はニュースで毎日のように言われている責任問題とはちと懸け離れた部分もあるので、その辺は自己責任で業者を決めてもらいたい、後で後悔等しないように・・・。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

 2007/02/02 Fri 23:01:00
 久しぶりに知り合いの不動産にあって話をしていたのだが、1年ほど前に私にもその不動産屋から紹介で注文建築の設計の依頼があった物件が、今となってもめてるらしいとの話を聞いた、その物件は不動産屋が仲介した土地に施主さんから建てる所を紹介して欲しいと言われて、我社も設計の依頼を受けたのだが、設計して簡易見積もりを出した所、その施主さんが何でもいいから安いところを紹介して欲しいと言ったらしい、その意向を不動産屋さんから聞いた私は、その考えには賛同できないので今回は降りますと伝えた、そしてその後その物件は完成したらしいのだが、今となってその施主さんは、その不動産屋さんにもっとましな所を紹介して欲しかったと、言われ揉めてるらしい話を聞いた、施主さんの話によると、クレームを言っても来てくれず、ほったらかしで台風で雨漏りした時も「台風は天災なので受け付けれない」といわれたらしい、少し冷たい言い方を私からすると、その業者に決めた施主さんが一番悪いという事である、安けりゃ何でもいいと言ったのは施主さん自身であるのだから・・・。今世間では企業責任とか色々言われているが、建築業界ではいいかげんな施工をしているパワービルダーが猛威を振るっているぐらいだから、意外と施工不良等について後で何とか言っても通じない世界なのである、普通に世間の常識から考えると安くても何とか後でクレームを言えば是正されると考えてる人が多いと思うと思うが残念ながら、建築業界はまだ昭和の匂いを残している業者も多いので、一切クレームを聞かない業者が多いのが現実である。
 私が思うにそのようないい加減な業者及び特に上場している企業でさえも、そんな考えでまかり通っている、この業界自体に問題ありだと思っている、じゃー大手ハウスメーカーに頼めば安心であろうか?私が聞いてる限りそうでもないと思う、じゃー多額のローンを抱えて一生に一度ぐらいしか建てれないと思われる家を建てる業者をどうやって決めればいいのだろうか?それを書くとまだまだ長くなりそうなので、それは次回に書きたいと思う。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。



copyright © ウダウダ工務店日記・・・ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。