ウダウダ工務店日記・・・
兵庫県宝塚市にある工務店のウダウダ日記・・・


スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2007/07/31 Tue 16:37:00
 今日は業務も落ち着いたので昼間に書いている、今日のせる写真を見ていたのだが、どうも私の携帯のカメラは物が白っぽく写る傾向がある、人気のある食べ歩きブログなどは、とても写真が綺麗である、私もデジカメで写真をとろうかと最近考えてる次第である、しかし私が自家用に持ってるデジカメは最近の薄型とは違い、ポケットにいれるとかさばるので、どうも乗り気がしない薄型でも買おうかと思うのだが、資金が・・・。
AICA大阪ショールーム AICA(アイカ)と言う会社は皆さんにおなじみがないかもしれない、しかし家の建築途中やここ数年で建てられた人には、ジョリパットと言えばおわかりの方も多いかもしれない、この商品は外壁塗装材なのだが、元々は家で使う作り付けの家具などで使用される面材(家具などAICA「表面材」の表面材料)などで建築業界で知られていた、しかし最近は前の記事に書いたように建築家ブームにより、より個性的な家を求める方が増えてきたため、その豊富な面材多さと生かし、より個性的な室内建具を制作している、例えばであるが普通の建材メーカー等で5年ほど前から出ている、ホワイト色の建具があるが普通の建材メーカーでは、扉が白なら表も裏も白になってしまAICA「内装ドア提案」い、室内は白でよくても廊下側から見たら、アンバランスに見える、しかしアイカの場合ほぼオーダーに近いため表裏の色を変えることができるのである、もっとすばらしいのは、他のメーカーに無い色例えば赤や緑等の扉がアイカが作ってる面材であれば基本的にすべてできるのである、設計をする我々の立場からとってこれほど家のデザインに幅ができることはうれしい。
AICA「クローゼット提案」 今回の展示会ではジョリパットの新作爽土(そうど)や右の写真にあるレザー調の建具等が新商品として飾られていたが、まぁーこれらの商品も確かに個性ある作品であるが、期待を夢にアイカのショールームに初めていった私にとっては、カラフルな商品があんまり飾られてなかったこと少々残念であった、しかし他の建材メーカーに比べてとても個性豊かな商品がそろってたことAICA「花瓶棚提案」は事実で、室内を品よく仕上げたいと考えている、これから新築等をお考えの方には検討の余地はあると思う、しかしこのメーカーの製品は他メーカーに比べて高いと言うことだけは頭に入れとといていただきたい、予算の無い方には1部屋だけを遊んでみるとかいった使い方をお勧めする。                              このメーカーが強気だなと思ったのは、大阪のど真ん中の自社ビルで展示会を行うのはいいが、他メーカーでは駐車場代がでるのにこのメーカーは出なかった、こんな展示会初めてであった、まぁーでもそれだけ商品が個性的で使いたいやつは勝手にきてくれって言う感じなのだろうか?

今回のショールーム AICA大阪ショールーム

筆者ショールーム採点
商品充実度     ★★☆☆☆
商品デザイン    ★★★★☆
ファミリー度     ★☆☆☆☆
広さ         ★★☆☆☆
接客応対       ★★★★☆
総合         ★★★☆☆


にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

スポンサーサイト
 2007/07/29 Sun 01:09:00
 実は今月は秘かな目標として月10回ブログの記事を書くことを目標としていたが、少し足らずであった、特に今週など徹夜に近い飲み方を2回もしたため、自業自得かもしれない、先日などは大阪南で遅くまで(詳しく言えば始発)飲んでいた、しかし私は時々大阪に行くことを楽しみにしている、夜何時になっても街には人があふれていて、とても元気をもらえる気がするのだ、がしかし始発間際の飲み屋街のゴミの多さは毎度毎度少し失望するのだが、まぁー元気をもらったのは間違いないので、暑い日が続くが頑張っていきたいと考えている。
蛍池西分譲竣工外観画像 しばらく書いてなかったが最近の注文建築のデザインはどうなっているのだろうか?前も書いたと思うがまだ現在も建築家チックな家のオンパレードで、大手ハウスメーカー等もこぞってシンプルモダン的な商品を多く出してきてる、私の住んでいる近くに建築条件なしの住宅地があるのだが、少し前にどんな家が建っているか見てきたのだが昔なら見ればほとんどどのメーカーか蛍池西分譲キッチンわかったのだが、最近は本当にわかりずらくなっている、それほどシンプルモダンの家が多く個性があるようで無かったのを思い出した。 あの独特なデザインセンスのある三井ホームも私の通勤路途中に建っている家はとても三井デザインには見えず、完全なシンプルモダンの家であった、最近は3,4年ほど前にはやっていた、スパニッシュ調の家はほとんど見られず、注文建蛍池西分譲和室築、分譲住宅のどちらも同じような感じの家が多いのは確かである、しかし何かと話題のタマホームは違っていて、相変わらず住んでいる人には申し訳ないがセンスのかけらもないような家を建てている、これはある意味2極化かもしれない安ければ住めればいいと考える人と、一生一度になるかもしれない買い物だからとことんこだわりたいと言う人と、しかしこのデザインの傾蛍池西分譲洗面所向はしばらく続きそうな気がする、昔あったテレビ番組「ビフォーアフター」から続いた建築家ブームにより建築デザインの新たな形ができたのは確かであるが、しかし車のデザインもそうであるように時代が繰り返すのであれば、また昔の様な形にも戻るかもしれない、しかしこのブームが去った後、この様な家は周りの環境から取り残される可能性があるような気がするのは、私の考えすぎであろうか?
※・・・画像は我社の家の写真です。


にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

 2007/07/22 Sun 22:37:00
マンションCG画像 今月の初めであろうか、我社の近くで建築中のマンションの施工会社が倒産したと聞いた、実はこのマンションの事業主は私が仲良くさせてもらってる不動産会社で、我社の分譲住宅もよく売ってもらった、この会社は2月に新規上場を果たしたばかりで、当然株価にも影響を及ぼしている、昔なら下請けが倒産したことなど中々伝わらなかったと思うが、さすがネット社会である、その会社の株価の掲示板には我々が知るより前にその情報が載っていたのである。
 実は我社も昔下請けの建築業者が倒産したことがある、しかしその時は竣工後で更に我社も建築業者なので、その後のクレーム等は我社で処理することができたが、それでも処理に関してはとても大変だったのを覚えている、今回の場合まだ基礎の状態での倒産でその会社のHPには会社更生法により再開するような事を言っているが、たとえ竣工まで持ち込めても施工途中で倒産した会社が作ったマンション、ただでさえ耐震偽装で問題が多い中、思惑通り売れるであろうか?今後もかなり問題があるように思う。
 この会社は約7,8年前からお付き合いがあるが、営業マンの多くがとても素直で、会社の経営スタイルもとても好感がもてるものであったが、上場を目指したことから利益追求主義に変わってきたようで、今回の出来事等は決して事故ではなく、そのしわ寄せの積み重ねのような気がする、会社も大きくなったので現在は私の知っている営業マンは少ないが、いつも営業マンとの話で私がその会社の問題点に建築に精通する者がほとんどいないと言っていた、別に普通の不動産営業だけなら必要はないが、宅地開発事業やマンションそして最近リノベーション事業までしているこの会社関しては下請けに任せっぱなしではすまないような気がする、事業に関して値切って収益を上げることは簡単だが、建築に詳しくないと絶対その後のしわ寄せはくると思う、今回の失敗はこの積み重ねじゃないだろうか?
 現在利益優先主義の会社が少し失敗するとマスコミ等にたたかれる傾向にある、会社であるから利益を追求することは当然であるが、会社を大きくしようとするあまり、無理をしている場合がほとんどである、日本が資本主義である以上こうなることはしょうがないと思うが、普通にまじめに利益をあげて徐々に会社を大きく様な形態にしないと、いずれ破綻し一番迷惑がかかるのは一般の消費者であると言うことは忘れてはいけないと思う。
 今回の1件でこの会社少しは頭を冷やせればいいと思うが、もう上場してる以上後には戻れない気がする、事業拡大するのはいいが中身が伴わないとまた同じ事を繰り返すような気がする、しかしこの会社昔の状態に戻れば私はとても好きな会社ので、修正をするのは難しい気がするが頑張ってもらいたいと思う。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

 2007/07/18 Wed 22:32:00
 もう発生して3日ほどたつが、またまた新潟方面で地震、我々も阪神大震災を経験してるが、近年に2回も被災された新潟方面の方々気苦労は我々はマスコミ等を通じてしかでわからないが、1日も早い復興を願ってならない。
 2代目である私が父親が社長であるこの会社に帰ってきたのは、ちょうど阪神大震災がおきた2月後であった、私が勤めていたゼネコンには後数年してから戻ろうと考えていたが、震災で忙しくなり、急遽戻ることになったのである、休みの日に壊れた家屋根にブルーシートかけたり、色々忙しくしたものである、その頃ある大手の下請けの左官屋に聞いた話なのだが、その職人は、震災前に大手の新築現場に左官工事の下塗りをしてたので、震災後忙しい合間をぬって中塗り作業をしにその現場に行ってみると、その現場は跡形もなくなっていたらしい、びっくりしたその職人は大手の現場監督に電話で確かめたところ、その監督は地震で建築途中の現場が大きく損傷したため、すぐに解体したらしいと、しかし震災後のくそ忙しい時期によく解体屋を呼べたなと感心していた、それを聞いてピンときたのだが、大手はイメージダウンになることを恐れお金にいとめをつけずに、業者を手配したのだと、その後広告でその会社は堂々と「我社の建築物は全壊半倒壊ナシ」とうたっていた。
 最近やらたハウスメーカーのCMで免震システム優位性を見せている、確かに大手が研究してるのだから、それなりの物だと思うか、今回の地震や最近おきた地震の映像と思い出していただきたいのだが、地面が割れて避けた地盤に建ってる家はいくら免震システム等をしても無駄と言うことを、今回の地震も阪神大震災やその他の大型地震でもそうであったように、大手ハウスメーカーの営業マンが全国から震災地に多数訪れるであろう、大手であるから別にとりたてて変な物件を建てないとは思うが、このやり方阪神大震災時でもそうであったように、どうも腑に落ちないと考えるのは私だけであろうか?

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

 2007/07/12 Thu 21:58:00
自作車CG画像 先日言っていた、CGパースをよりよく見せる為の車のモデル作りが、すべてではないが何車できた、自分で言うのも何だが中々の出来だと思う、車の3Dデータを集めるのは非常に苦労したが、フリーの素材でもここまで出来たのでよしとしよう、一番左の車はランボルギーニディアブロと言う車である、この様なスーパーカーを家のパースに反映するのは、少し非現実的であるが、遊び心で作ってみた。
 残念ながら前に書いていたフェアレディーZのモデル化はまだ出来ていない、まぁーこれぐらい出来れば次回からのCGパースの幅は少しは広がるように思う、今日もシーピーユーの社員さんが来て話してたが、車等のCGは奥が深くデータ量も半端じゃないため、反映するのは限界があるみたいだ、まぁー後日産エルグランドのデータがある、今のところ最近はやりのハイルーフ車がまだ少ないので、今度の三連休にでも挑戦したいと考えている。

※今回の画像はクリックすると大きな画像で見れます。


にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

最近の不動産事情 
 2007/07/07 Sat 22:11:00
町並み1 今回はまたまた最近の不動産事情を書いていきたい前に不動産の事を書いたのは調べてみると、3月前でその頃とはどう変わったのであろうか?                                   我々の住む阪神間に関しては上昇はほぼ落ち着いたと思われる、しかし流通している土地の価格は依然として高く、その影響で分譲住宅等も基本的に価格は高くなってい<るのだが、高いままでは当然売れなく、値下町並み2げをしてさばいているのが現状である、最近で一番値下がりしていたと思われる、2年前の年末に比べると分譲住宅の販売価格は、例えばその当時に2,900万円ぐらいで売られていた物件は現在3,500万円売られているが、当然売れないため、値下げされて結局3,000万円より少し高いぐらいで取引されてる事が多いように思う、そうなると分譲業者はとても苦しくなり、実際資金繰りが苦分譲住宅画像1しくなっている業者も増えているようだ、たとえ値下げしなくても事業資金の金利、人件費等で圧迫されるのである。中古物件もそうだが売手は少しでも高く売りたい為、業者に査定をしてもらうが、これも2年ほど前から土地上昇報道のあおりを受け、実際売れないような価格で査定をする業者が増えた、それを見た別の売手はこの価格で売れると勘違いする、悪循環である。
分譲住宅画像2 前からも言ってるようにこの様な状態に持って行ったのは業者であることは間違いない、しかし無茶な土地買収を行なってきた業者の業績にもかげりが見えてきているのは確かで、今まで融資を行なってきた銀行も少し慎重になってきてるようだ、私の前からの予想が正しければ、今年終わりから、来年一杯ぐらいに不動産・建築関係の会社が多く倒産すると思う、そうなればようやく我々の業界も正常化するように思えてならない。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

CGパースの下仕事 
 2007/07/05 Thu 21:50:00
CG「シーサイドタウンⅡ」
 いつもは、右に小さな画像を載せているが、今回は中央に大きく配置してみた、この1番目の画像は、私が建物のパース作りに使用してるシーピーユー社のCG2000と言うソフトでコンテスト為に作ったCG画像である、これは私の2001年頃の作品であるコンテストだけに作った作品であるが、まぐれにもこれが最優秀賞をとってしまった、しかしあれから6年たつが私のCGは何も成長していない気がしている、実際他社が開催したCG2000パースコンテストでは入選すらしなかった、別に私の仕事はこれだけでないので他の人にこれだけできたら充分とか言われるが、何か納得できないので、仕事の手が開いてきたので、CGに使用する車のパーツを増やそうと頑張ってみた。 CG「フェアレディーZ」 まずは車の3Dデータを無料でダウンロードできるサイトを探してみた、すると私が世の車の中で一番格好いいと思ってる、フェアレディーZの前のモデルの3Dデータを発見した、上の画像を見て頂きたいのだが、一瞬写真に見えるほどの出来映えである、この様なデータを無料で頂けたのだから、是非CG2000に入れてパースをよりよい物にしようと意気込んで作成してみた。 フェアレディーZ「CG線画」 この画像を見て頂きたいのだが、これが先ほどのZのレンタリング前のPC画面である、CGと言っても色々パーツがあり面と面が繋がっていて車が出来てるのである、家のCGは複雑なように見えて曲面が少ない為、比較的動作が軽いが、この車のデータをCG2000に入れようとすると、入らなくはないが、すごく動作が重くなり、結局今は一旦諦めてしまった、もっとデータを軽くしないといけないのだが、その方法がわからない、しかしこの記事を書くに当たってまたZのきれいなスタイルを見てしまうと再度チャレンジして家のCGに採用できるように頑張りたいと思う、無料データはたくさんあるので1つ成功すると、もっとCGがきれいに見えるのではないかと思い試行錯誤してる。

※今回の画像はクリックすると大きな画像で見れます。


にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

 2007/07/04 Wed 21:59:00
ノーリツ「お掃除浴槽」 今回は先月行なわれた、ノーリツの展示会に行って来た、今月4月にも行って記事を書いているが、やはりメインは前も書いたお掃除浴槽であった、この浴槽前は追加コストが少なくできていい物だと書いたが、今回カタログ等をよくよく見てみると、給湯器も専用の物に変えなくてはならない事がわかり、確かに魅力的な製品であるが、前に書いた金額よりも倍以上コスト高になり、必要とする人とノーリツユニットバス「グラシオワイド」そうでない人が分かれそうな商品である事がわかった。                            次は右の写真にもあるがグラシオワイドと言う商品で私の下手な説明より、リンクのページを見てもらった方がいいかもしれない、要はリフォーム等で基礎等を作り直さずに、浴室を広くできるのが特徴である、これはおもしろいアイデアで、最近見られない0.75坪タイプの浴槽をお使いの方なら、基礎等をいノーリツ「天板が白いIHクッキングヒーター」じらずに1坪サイズに変えれるのである、0.75坪サイズの浴室は浴槽が小さく足を伸ばすのも窮屈なので、需要が結構あるのではないかと思う。                                   後は写真にもあるが、トップが白色のガラストップコンロである、これはコンロメーカーの製品になるので他社でもあると思うが、確かに見た目は美しいが、汚れやすい様な気がする。                             ノーリツ展示会外観他にも商品はあったのだが、目立ったのはこれぐらいである、しかしこの会社デザイン等はあんまりパットしない所もあるが、アイデアが結構ツボを押さえたいい商品が出てきてるような気がする、これからもどんな商品を出してくるか楽しみでもあるメーカーである、しかし最近も我社の家で使用した商品デガゾウ(浴室テレビ)が4月から1割ほど値上げされた、給湯器等も値上げになったが、金属を多用してる給湯器の値上げは納得できるが、どんどん安くなってる液晶テレビまで値上げするのは、どう考えても便乗値上げとしか考えられず、また見直しを考えていただきたい。  今回の展示会は人が少なかった、2月前にもしてるから当然かもしれないが、しかし先に紹介した浴槽は本当にナイスアイデアと思える商品で思った、浴室改装を考えられてる人なら検討の余地ありの商品だと思う。

今回のショールーム ノーリツ神戸ショールーム

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

 
最近の仕事 
 2007/07/02 Mon 22:31:00
町並み1 前も書いたように、最近は用地仕入れの物件を見に行ったり、それらの調べ物等をしている、大きな会社はそれ専用の部署があるが、我々のような小さな会社は何でもこなさないといけないので、物件数が多いと1日中出ることも多い、その昔不動産屋の用語で千三(センミツ)という言葉があった、それは不動産屋が持ってきてくれた土地が、1000物件あればその内3物件ぐらいしか物にならないと言う意味の語で極端かもしれないが、それぐらい中々難しいものだ。すべて書ききれるかわからないが、私が不動産物件を見るときの注意する点及び調べる点を箇条書きにしていきたい。

物件資料を見て

① 駅からの距離(パソコン地図等)
② 敷地図があれば、家が何件入るか(CAD等)
③ 近隣の分譲物件の販売価格及び売行き状況(ネット)
④ 学校区(ネット)
⑤ ガス管埋設状況(ネット)

物件を見に行った時

① 前面道路の幅、接道向き等
② 敷地と道路の高低差
③ 高低差があった場合、造成物があった場合その造成の年代、見た目等
④ 建築物がある場合、その大きさアスベスト等の使用状況
⑤ 敷地内、上水、下水、ガス管、電柱等設備に関する状況
⑥ 隣地境界にある塀等の状況、及び越境物の有無
⑦ 物件の周りのロケーション状況
⑧ 実際の他社の販売物件視察

役所等に行った時

① その土地の用途地域及び地区協定,建築協定の有無
② 前面道路が私道の場合、その道路が役所の認定を受けているか
③ ネットで下調べしているが念の為、その地区の最低敷地面積
④ 造成物件の場合、許可を受けて造成をしているか
⑤ 上水、下水本管の埋設状況

町並み2 大体こんな感じであろうか?考えながら書いたので抜けてる部分もあるかもしれない、この項目だけを見たらいかにも大変そうだが、土地勘とか慣れも入るだろうか、最近は近辺の物件であれば、土地勘もある程度できてきたので、資料を見ただけでいい物件か判断がつき、役所にまで調べに行く物件は10件資料があれば2件ぐらいであろうか?私の強みとしては設計が出来るため、すべての作業を1人で出来ることぐらいであろうか、実際物件を見ただけで、ろくに下調べもせずに買付ける業者も多いみたいだ、私から見ると信じられない事なのだが・・・。  不動産は同じ物がこの世に1つとしてないだけあって色んな状況が発生する、実際、その他予期もしない事があって物件を手放した事もあった、それだけ用地買収は難しい物である、現在は地価高騰で更に輪をかけて仕入れしにくい、まぁー実際私がこの作業をしているのは、当然仕事でもあるが、好きな建築物の設計をしたいと言う他、考えられない。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。



copyright © ウダウダ工務店日記・・・ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。