FC2ブログ
ウダウダ工務店日記・・・
兵庫県宝塚市にある工務店のウダウダ日記・・・


スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2007/11/30 Fri 21:59:00
 いよいよ明日で12月に入る、今年は私的には我社に戻って12年ほどであるが一番仕事的にいろいろあった年であった事は間違いない、それに今年は設計の仕事をすることが少なかったため、時間的な余裕もこれまでになくあった年であった、そして今私は久々に真剣に家の設計に取り組んだのだが、やはり久々となると感を戻すまで時間がかかり、今までになく長い設計期間になってしまった。
当社川西水明台分譲参考パース
 次期分譲地の参考プランを作る作業で、言わば何の制約もない設計であるので、本当はやりやすいはずなのだが、以外と何の制約もないと私は設計がしにくく、それに加え久々なのだがら尚更難しかった、良く設計仕事をしているときは次はこんな物件設計したいとかどうしたら格好良く見えるのかとかの感が働きやすい、まぁーそんなこんなで上のパースの様なプランがとりあえず出来上がった、次期分譲地は建築条件無しで売り出す予定なので、この設計等をみて実際建てれたらうれしい限りだが、どうなることやら・・・、しかしパースが完成するにつれて昔のように楽しさが戻ってきたことは私にとってプラスになったと思う。

※今回の画像はクリックすると大きな画面で見れます。


にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

スポンサーサイト
 2007/11/26 Mon 22:23:00
日立ホームテック西宮ショールーム外観 今回は今月オープンした日立ハウステックの西宮ショールームに行って来たのでそれについて書いていきたい。                                     日立ハウステックは普通の方もしくは、1回家を建てたことのある方でも知らない人も多いだろう、日立と言う名は大きいが住宅業界では知名度は皆無である、私は昔から知っていたが、何故かと言うとよくハウスメーカーのユニットバスで採用されている事が多かっ日立ホームテックキッチン展示1たためだ、それと最近になり分譲住宅でもお風呂ではよく拝見する機会が増えたので、どんなメーカーであろうかと興味はもっていた、どちらかと言うとローコスト系に使われてる感があった。                                                         ショールームの外観を見るとまるで建築家がデザインした住宅のようにスタイリッシュで、私の抱いてたイメージが少しばかり揺らいだ、そして綺麗なお姉さんに案内された中も日立ホームテックキッチン展示2とてもデザインされていて、私が今まで見たことも無かった日立のキッチンもありそれも思ったより精錬されてるように思われた、その他ユニットバス、ホームエレベーターなども展示してあり、中の展示の仕方は前に誉めたヤマハと遜色ないぐらいの出来になっている、さすが西宮と言う場所に作られてるだけあって見た目は申し分ないと思っていたのだが、少しばかり中で色々見ているとふと思っ日立ホームテックユニットバス展示たことが、他の大手系メーカーと比べ商品のバリエーションが少ないのとトーヨーキッチンヤマハのように特別な特徴もないと感じてしまった、これは私が思うに結構致命的な事だと思う、綺麗なショールームだがこれだけは今のところどうしようもないだろうが。                            現在はどのメーカーも特徴を出すのに躍起になっているが、このメーカーも例外ではなく右の写真にもあるが、ユニットバスの壁に写真日立ホームテックユニットバス壁材やイラストを注文できる壁や、ユニットバス形式の完全組み立て式の檜風呂などがあった、檜風呂は確か定価で550万ぐらいだったか、まぁーこれはお金が余るほどある人はつけるかもしれないが、もう一つの写真オプションは何か無理矢理特徴付けしたかっただけ?と思える商品であった、オプション金額はしらないがこんな物注文する人がいてるのだろうか?2階にあった休憩室にも飾って日立ホームテック檜ユニットバス展示あり、何か商品開発のお姉さんがやたら、この商品の事を聞いてきたので「まぁー使えるとしたら私なら家のCGパースを壁にプリントしてあげる、我々業者のプレゼントとしてなら使えるだろうけど、普通お金出してまでつける一般ユーザーはおらんやろ」って答えておいた、どちらにしても必死さは伝わったが・・・。                         まだまだ商品的には弱いこの会社であるが、このようなショールームを見て昔はどちらかと言うと陰に隠れていたメーカーが、表舞台に立とうとしている姿勢だけは感じ取れた、昔のヤマハもこんな感じだったので、ひょっとしたらひょっとするかもしれない、しかし個々の特徴がはっきりしてきてるこの業界で目立つ存在になるには、何たいていの努力では足りないであろうと思われた訪問であった。

今回のショールーム  日立ハウステック西宮ショールーム

筆者ショールーム採点
商品充実度     ★★★☆☆
商品デザイン    ★★★☆☆
ファミリー度     ★★☆☆☆
広さ         ★★★☆☆
接客応対       ★★★★☆
総合         ★★★☆☆


にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

   
最近の不動産状況 
 2007/11/21 Wed 22:40:00
 今日はおなじみの?最近の不動産状況を書いていきたい。  前にこの記事を書いたのが約2月前だろうか?あの頃と比べてどうなったのであろうか?答えは前に比べて更に悪くなっていると言ってもいいであろうか、つい少し前不動産業者から連絡があり、分譲用地があるので見て欲しいとの事だったので、早速見に行って査定をして回答をしようと思ったら、不動産屋さんから電話があり、提示価格より上の金額で買う業者がいましたので今回は・・・、と言われてしまった、こんな話私が不動産に関わってきて初めての話であった、確かに分譲用地としては敷地割りがしやすい物件だったのだが、とりたてて立地的にも良いわけで無い物件にも関わらずである、提示価格より上の金額で買うなんて、一体この業界どうなってるのか、私にも読めない状態である。  一方で新築物件は戸建て、マンション共にさっぱり売れていない状況が続いている、資金繰りが苦しくなっている業者も増えているみたいで、新築物件丸ごと買って欲しいと言う話もちらほら聞かれている、要は前から言ってるように業者数が多いのとパワービルダーの存在が問題だろうと思われる、これでサムプライム問題で銀行が資金回収などをしだすと一気に潰れる業者が増えそうで、今年も多いこの業界の倒産数はもっと増えそうである。
 最近になり建築基準法改訂による影響をマスコミが取り上げてきて、大臣もコメント等を発表してるが、それをコメントを見ていて私はこの業界に関わる人は、すごく腹を立てたであろうと思えるぐらいの生ぬるい言葉で私も聞いてあきれた、大臣である冬柴さんは我社のある兵庫県の代議士で関西大学出身で私と同じではないか、もう少しこの悪法をもっと潤滑に進める対策を立ててもらいたい物である。
 マスコミは基準法の改定によって新築が減っているように言っているが、私が思うには確かに影響も少しはあるだろうが、それよりも販売不振の影響の方が大きいのではないのだろうか?建築数もしばらくは伸びず、ずっと前から言ってきたように、来年は倒産ラッシュになりそうな気がする、私の周りの業者でさえ終わりが見えつつある業者が多数あるのが現状で、これから一気に不動産が売れる状況も見られないと思う、来年の倒産ラッシュによりこの業界が浄化されればいいが、潰れたらまたモグラたたきのモグラのようにまた新たな業者が出てきそうなのでこの業界の瞑想はしばらく続きそうである。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

 2007/11/17 Sat 22:37:00
マンション外観 前に検査時に鉄筋不足が発覚し今回は鉄筋不足発覚後もその物件を販売してたして、千葉の市川に建設中のマンションの事をニュースで見たが、私も昔少しゼネコンにいてた時思ったのだが、鉄筋コンクリート造の鉄筋を後から追加することはほぼ不可能じゃないか?と、現場にいてるときに感じたことがある、今回清水建設は一部のコンクリートをはつって鉄筋を追加しその部分にまたコンクリートを打ち込むと説明してるらしいが、そもそもコンクリートと言う物は接着性が弱く、それに打ち継いだコンクリートは色等も変わると思われるので、ただでさえ姉歯問題でピリピリしてる中今後もこの問題は尾を引くと思われる。
 私はゼネコンに少しいてて思ったのだが、ゼネコンは私がいていた頃から施工を良くすると言うより作業の安全性の見た目に非常にうるさく、施工は二の次といった感じであった、そして私がやめてこの業界に大リストラの波がおとずれた、実際私の後輩や同年代がゼネコンに働いてるが、昔に比べて現場員が1つの現場で半分ぐらいになってしまい手が回らないと言っていて、昔でさえ起こりうる状態と思われた施工不良は、実は今回の物件だけじゃなく、私の予想では多多あるように思われる、では何故今回は発覚したのであろうか?今はやりの内部告発であろうか?多分姉歯問題が出る以前なら今回の問題も発覚しなかったであろう。
 私が思うにちゃんと必要以上の補修を行なえばこの物件は強度等問題ないと思うが、この事実を知った買われた方は良い気持ちはしないだろう、姉歯事件はそれほどこの業界にすごい影響を与えたのである、多分この事件が阪神大震災前に発覚してたとしたら、ゼネコン等は訴訟を多数かかえ倒産するところもあったであろう、建築は難しく100%の仕事は難しい、がしかしミスしたときの対応力が大切だと思う。まぁー今回のミスは致命的だが・・・。
 今回の事件でゼネコンは身を引き締めると思ったら大間違いで、少ない人数で押さえられる単価、建築資材の高騰でますます締め付けられるので、今までも多数あったと思われる、この様な事例はまだまだ増加するように思われる、先ほど建築は100%の施工は難しいと言ったがこれからはこの様な凡ミスが増えると思われるので、補修のやり方や補修しやすい設計等を開発、発案する方が手っ取り早いと思われる。
 しかしこの事件、先ほど物件のHPはまったくこの件にふれず、その他参加してる企業のリンクを見ても小さな記事しか載っていない、今の世の中これだけニュースになっているのに、これだけのお詫びじゃ皆さん納得しないのじゃないのだろうか?

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

 2007/11/13 Tue 21:56:00
ノーリツ展示会外観 先月であるが、ノーリツの展示会に行って来たので、それについて今日は書いていきたい。                      今年で3回目になるノーリツの展示会、はっきり言って多少飽き飽き感があるが、今回も多少新製品が展示されていたので、それについて書きたいと思う、今回は元々ガス機器メーカーだけありコンロの新商品がならんでいた、その中の1つ気になる商品があったのノーリツ新製品コンロで紹介したい、この商品はリンクと右の写真で見ていただきたいが、この商品を見た時、ふと思ったのだが、トーヨーキッチンのショールームで見たコンロとよく似ていた、このコンロショールームに行くたびにさすがトーヨーキッチンかっこいい商品使ってるなと思っていて、家に帰りこのコンロのメーカーを調べてみると、ドイツのカゲナウと言うメーカーで写真で小さくてわかりにくいかもしれないが、リンクにある写真を見較べるか、実際の商品を見ればよく似ていることがわかる、海外(特に欧州)のコンロメーカーは余計な物がついてなく、デザイン重視の物が多いトラブルも多いらしいが、今回は見事にノーリツがそのデザインを悪く言えばぱくったのであろう、ガゲナウのコンロファンである私はこのコンロにとても魅力を感じたが、問題は価格でダッチオーブンがついてるとはいえ(私は主婦でないのでダッチオーブンの良さがわからない)通常コンロが6~7万なのを考えると、20万あまりの追加は大きい20万あまりあれば食洗機をつけてもお釣りがくるぐらいの金額である、本家のカゲナウと比べてもそんなに金額は変わらない、あくまで私の考えであるがどうせここまでデザインをぱくるなら、安価な商品を出してもらいたかった、そうすればキッチンのデザインに少しアクセントをつけれたと思うと残念でならない。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

我社の中古再生住宅 
 2007/11/07 Wed 21:42:00
中古住宅外観中古住宅「着工前画像1」
中古住宅「着工前画像2」中古住宅「着工前画像3」
 今回は我社の中古再生住宅を紹介したいと思う、この物件は昭和43年生まれ、奇しくも私の生まれた年に誕生した、不動産で言えばテラスハウス(長屋)である、上の写真を見ていただければわかると思うが、とてもとても現在の状態では使える状態ではない、物件は写真では良く写ることが多いが、今回もその通りで実際見たらもっとひどい状態だと感じれる状態であった、素人の方から見たらどうすればいいの?状態だったと思う。この物件をすべてを変えるわけでもなく、程よく手を入れて再生にチャレンジした。
中古住宅「竣工前画像1」中古住宅「竣工前画像2」
中古住宅「竣工前画像3」中古住宅「竣工前画像4」
 まず構造体部分の使えない部分を補修し特にひどい状態であった、1階部分を重点的に玄関部分にはフローリングを貼り、そこから引き戸を開けて元和室だった部分は床補修し、合板を貼ってCF(クッションフロアー)を貼った、洋室風に変えるのに邪魔だった見えてる木は、黒に塗装した、昔風呂釜だった浴槽は給湯器に変更、必要最小限の改装にすませている、2階部分は状態が良かったのでクロスや壁の塗り替え畳替えですませている、まだすべて完成ではないが、かかった費用等から考えるとまずます良くなったと思う、そりゃ初期の状態はビフォーアフターに出てきそうな状態で、そりゃもっと費用をかければおしゃれになっていたと思うが、何か現在映画が上演されている、三丁目の夕日に出てきそうな町並みで、近所の方もとてもいい方が多い、この感じで前に書いたリノベーション物件の様には私はできないし、合ってないと思う、実際来週ぐらいから販売する予定だが、我社の考えは決して間違っていないと思っているが、どうなるだろうか?しかし自信を持てる物件に変身したことは間違えないと思う。
 最後に間取り図を入れておくがほとんど変更してないのがわかっていただけると思う。
中古住宅「改装前間取り」中古住宅「改装後間取り」         

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

最近の私の仕事 
 2007/11/05 Mon 21:18:00
仮称中山台分譲配置平面図 最近の私の仕事は、時期分譲地の設計、時期事務所計画等をしているが、去年ぐらいまで絶えず設計の仕事をしてきた私にとって、久々の新築の設計は思ったように進まない、感が鈍ったのであろうか?確かに何にすれ継続してする方がスムーズに行くのだが、今年に関しては改造の仕事の方が多かったため、どのような物を使って仕上げて仮称中山台宅地分譲画像いくかとかその様な仕事が多かった、しかし色々な新築現場やメーカーの発表会などに精力的に行って忘れないようにしてきたのだが・・・。                 私なりの分析によると、実施をせず色んな物だけ見てきたので、頭が追いついてないのかもしれない、まぁーよく言えばスランプかもしれない、いずれにせよこれを乗り越えれたら更に前進していける物と思い、完成したらまたここで披露したいと考えている。
 最近はともかくこの業界いい話を聞かない、何か年末に向けて暗い感じになってるのも事実で、業者等に会うと誰もが曇った顔をしている、建築基準法の改正による倒産も増え、この業界はどうなっていくのであろうかと心配になったりしてるのも事実だが、何か心の中もやもやしてる物を今回の設計にぶつけスランプを脱したいと考えている。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。



copyright © ウダウダ工務店日記・・・ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。