ウダウダ工務店日記・・・
兵庫県宝塚市にある工務店のウダウダ日記・・・


スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2009/03/27 Fri 17:14:13
宝塚温泉 先日であるがダイドーサービスと言う、我社の隣市にある不動産業者が倒産した、去年にも関連会社が倒産し我々の仲間内でもそろそろやばいのでは?って噂があったのだが息絶えてしまった。

 この会社地元では結構有名で手堅く商売をし、ここ最近まで悪い噂を聞いたことがないくらいの会社であった、特に戸建て分譲などは素早く完売するなど、さすがダイドーと言わしめた物だが、この時代の波には逆らえなかったのか、新興不動産業者じゃないだけで少し寂しいと感じた。

 我社の地元、宝塚では今年になり色々な事がおこっている、全国的にニュースになった市長「坂上よしひで氏」の逮捕、逆瀬川駅周辺の商業施設「アピア」の倒産、前にも世界的な建築家「安藤忠雄」先生が設計した、温泉街には思いっきりKYなデザインとコンクリート打ちっ放し仕上げの「宝塚温泉」も倒産してる、宝塚歌劇で全国的に有名な宝塚も市長が2回連続逮捕、そして市の事業2つ倒産となるとイメージがとても悪くなったような気がする。

 そして私も個人的に仲の良い営業マンが多い、宝塚に本社を置く上場不動産業者も窮地に追い込まれている、と言うかほぼ個人的に見て終演を迎えている、あえてここに名前を出さないが、その会社のHPに載せられてるIR情報を見れば、まるで末期ガン患者のような状態に見える、また宝塚に悪いニュースが増えると思うといたたまれない。

 宝塚だけではなく、周辺都市の不動産業の倒産数もこれからが本番で増えていくだろう、色々噂を聞いてるだけでも、延命処置としか思えない事を平気で実行してる業者が多く、それでなくても言いニュースを聞かなくなった昨今、せめて市がやってることぐらいは正常に戻って欲しい物である。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

 
スポンサーサイト

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

 2009/03/19 Thu 14:43:27
 今年に入ってからも相変わらず上場不動産業者の倒産は減らないが、最近の傾向として前からの予想通り建売業者、そして建築に関連する業者等の倒産も目立ってきた、これからはマンションデベロッパー、不動産再生業者以外にも建売業者、そして設備機器の大手企業の倒産もありえそうな状態になってきた。

 最近では新築マンションだけでなく、新築分譲などの価格改訂も多く見られるようになり、我々プロでもどこどこの土地がいくらなら確実に売れるとかすら、把握しにくい状況になってきている、価格改定にによるダンピング販売もしばらくは続きそうな感じである。

 不動産情報などを見ていると最近は不動産価格の格差が前に比べどんどん広がってきている様な気がする、不動産は同じ物は絶対存在しないが、例えば同じ地域で同じ感じの物件でも売主の状況により価格差がついていきてる、例えばA物件は売主が個人でローンの残債が多くそれをクリアにするためその辺の売れ行き事例より高く価格設定、B物件は無借金でなので事例通りの価格設定、C物件は相続で遠方に住んでいて早く処理したいので安めに設定、まだまだ色んな状況が考えられるが、同じ地域でもこの辺の価格差が広がってきている傾向にあると思う、不動産情報ではその違いが最近本当に広がりが大きくなっている傾向にある、それは物件が不景気で売れない傾向にあるため、思い切って早く売ろうとする人とそうできない人との差が出来てるのだ。

 情報を見るとまだ去年のいいときの価格で出している物件が5割、普通の物件が3割、思い切って安く設定してるのが2割ぐらいだろうか?これからは良いときの価格で出してる物件の割合が減ってくるように思われる、売れないのにいい価格で出すのは自由だが、売れなくては絵に描いた餅になるからだ。

 もしこれから不動産を売ろうと思われてる方にアドバイスするとしたら、思い切りよく金額設定するとしか言えない、不動産会社の査定は物件が欲しいので甘めな査定が多い、希少人気物件なら別だが査定金額より1割、もしくは1割5分ほど下げた価格に設定する方が得策だと思う、当然今の時代査定も厳しくする業者もいてると思うので、その辺は周辺で売れた事例を見せてもらいそれで思い切った判断をすることが望まれる、そりゃ自分が住んできた物件であるのでかわいいのは誰もが思うことだが世間の評価はそんなに甘くないのが現実である、それもまた思い切れる状況があってからこそ言える事なのだが。

 これから購入を考えてる方から見たら現在の状況は天国に近いかもしれない、価格は下がってくるし結構物件も選び放題、特に新築物件を探してる人には今はいい状況であることは明らかだ、しかしこれからも下がるかもしれないし、銀行ローンにしても厳しくなってきている、私の考えでは家という物はある程度勢いも必要だと思うので、少しぐらい下がるのを考慮してもいい物件であれば購入してもいいと思う。

 どちらにしても今の状況は一部の企業を除き、ほとんどの業界が大変な状況であるのは間違えない、しかし我々の業種はまだまだ荒波が何回も襲ってきそうな感じである、不動産の価格の底がどこにあるかもわからない現況であることは間違えない。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

 2009/03/04 Wed 15:38:55
自社収益物件 去年の年末休みの時ふと会社によってみると、留守番電話が入っていたしかもかなりの数である、気になるので聞いてみたところ我社が保有している、収益物件の入居者からの電話で昨日の夜から水が出なくなったと言う内容であった。

 水が出ないとは一大事だと思い即座に水道業者を呼びポンプ室を見てみると、2つあるポンプの1つが故障しており警告音が鳴っていた、1つが故障していたらもう1つが作動すればよいのに、この機会は古く1つ故障するとポンプ自体が止まるため、屋上にある高架水槽に水が行き届かず、このような事態utorrentで見た他PCデスクトップになっていたのであった、取り敢ず片方のポンプを作動させてその場を後にした。

 修繕日が大晦日で元旦も気になり会社に行ったが留守電もなく安心し2日は用事があったため、確かめずに3日に会社を覗いたらまたもや留守電の嵐、また水道屋と共に訪れると今度はポンプは動いてるがその地下LiveCap2監視映像にある受水層のセンサーが少しばかり壊れていて、上に水が上がらない状態になっていた。

 結局ポンプ交換その他もろもろで1月分の家賃分が飛んだのだが、それは必要経費としても年末年始水が止まったりして住民の方に迷惑をかけたので早期にトラブルを発見し対応できない物かとしばらく考えていた。

 そこで思いついたのがPCによる監視システムの構築である、まず2件ある収益物件に2台ずつPCライブカメラを購入しPCは過去に使っていたPCと先輩から頂いた10年ほど前のPC、最近のPC部品はWIN98未対応の物が多いので、頂いたPCにはWIN2000をインストールした。

 次は監視カメラと操作するソフトを探した、するとLiveCapture2と言うすばらしいソフトが見つかった、このソフトは遠方のPCのカメラ画像を見れるだけでなく、日頃は動きのないカメラ画像に少し動きがあると画像として保存してくれるのである。

 そして次はPC遠隔操作ソフトを探す、するとUltraVNCと言う遠隔操作ソフトを探し出した、今はこのソフトの安定性等の調整中であるが、中々のすぐれもので2枚目の画像を大きくしてもらえばわかると思うが、まるで目の前にそのPCがあるかのように操作できる、実際画像は自宅PCを会社PCで見ている画像である、実際遠隔操作をするためにはこのソフトだけでなく、ダイナミックDNSに登録したりPC固有のグローバルIP(ネットの電話番号の様な物)がプロバイダーにより変更されるのに備えて、DICEと言うソフトを入れたり中々大変である。

 それと忘れてはならないのは収益物件へのネットの引込で私が調べたところ一番安いのはMSNのADSLサービスであろうか?ネット専用回線になるので1月3000円ほどになるみたいだが、これで遠方の収益物件の設備監視ができるならと思い、現在ちゃくちゃくと進行中である、がしかしUltraVNCが中々言うことを聞いてくれないので現在少し苦戦中である、しかしカメラ代4台で5,000円PC代ただ、後はUSB延長ケーブル等々は必要になると思うが、もし昔のPC等が有れば少しPCの知識が必要になるが1台であれば1万円もあればおつりが来ると思うので挑戦されてもいいかもしれない。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。

今日から3月 
 2009/03/01 Sun 14:35:26
 今日は私は休みであったが買い物ついでに阪急山手台を見てきた、相変わらず販売不調のようで積水、パナホーム、ミサワ、大阪ガス住設、阪急自社分譲とも営業マンが暇そうにしていた、2,3年前には大盛況だった山手台もこのような感じで昨今の大不況の影響がすごく感じられた。

 去年の暮れから我社では競売に力を入れているが、何せ入札のため必ず落ちるわけでもなく、そして無理をしすぎると、この世の中情勢で必ず物件が売れるとは限らないため、なかなか難しいところである、去年に落とした物件は無事に引き渡しが完了した。

 前にも書いたが競売は去年の暮れ頃から入札業者がかなり減りつつあり、落としやすい状況にある、昔ならびっくりするような金額で落ちていた物件が、そこそこリーズナブルになりつつある、しかし都会の物件は以前落ちにくく、試しに大阪の物件も入札してみたが、とてもじゃないが落ちる物でなく入札7のうち5番目と言う燦燦たる結果であった。

 今現在の我社の仕事は過去のお客様からのリフォームと競売物件、そしてリーズナブルな物件を仕入れてのリノベーションである(リノベーションと言ってもおしゃれな物ではない)建築好きの私にとったら新築物件を建てたいのだか、現在の状況ではとても新築分譲を建てる気分にならないというか、私は新築にはとても思い入れて建てるので、手間暇かけた家が売れ残ったら?と言う状況に耐えきれないと思うし会社にも悪影響を与えると思うからだ。

 3月から4月にかけてまたまた倒産数が増えると言われているが、我社の近隣でも潰れそうな業者は多く、本当によく耐えてるなと言うのが正直なところで、我社の近隣でも建売業者の倒産が増えそうな感じである、まぁーどちらにしても他業者は他業者でそんなことより、我社も時代の波にのまれないように、頑張っていかないとと痛切に感じてる今日この頃である。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。


テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ



copyright © ウダウダ工務店日記・・・ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。