ウダウダ工務店日記・・・
兵庫県宝塚市にある工務店のウダウダ日記・・・


スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
震災後この業界は?2 
 2011/05/10 Tue 17:46:10
ゴールデンウィーク返上で知り合いの店舗を改装していた
それについては次回記事にするつもりだが
何せ最近は不動産物件を見に行くのとPC仕事が多かったため
運動不足で工事で動き回ったせいか工事を終えたときは
体はバキバキになっていて、まだ疲れがとれてない次第である
この状態は去年自社所有の収益物件を改装したとき以来である
日頃から簡単な運動はしとけと言うことをつくづく感じた。

今回は震災によって不動産にどのような影響を与えてるか書いていきたい
丁度震災後に大手不動産業者の所長さんと飲む機会があり聞くと
震災後東京の不動産の動きがピタリと止まったらしい
その後はどうなっているかわからないが、計画停電の影響等で鈍いと思われる
東京の多くの大手企業等は、関西その他地方等で社員の為の賃貸物件を探し
一時大阪などではそこそこの物件がすべて埋まるといった状況だった
そして原発の影響で関東の富裕層の方々が大阪に物件を求める
そんな通常では考えられない事も見受けられる
実際私の知り合いの兄弟の方もこちらで物件を探してると言うことを聞いた
この様な事が続くとひょっとしたら関東の地価がじわりじわり下がり
逆に大阪等利便性のある地方都市の地価があがるかもしれない
このような事は最近言われていた、東京一極集中を緩和する上で
良いことだと思う、しかしこの状況はいつまで続くのだろう?

逆に我々から遠いので判断は難しいが、津波に襲われた地域の地価
などはほぼゼロになったのではないだろうか?
国地方が協力して津波危険区域外に区画整理地域を設ければ地価は
ある程度もどるだろうが、利権等色々あるみたいなので今の時点では
難しい作業だと思う
もっと恐ろしいのは原発のある福島県で特に避難地域に指定されてる
区域では来年基準地価がだせるのだろうか?
それに原発が落ち着いても、風評被害等で地価は相当さがると思われる
それまで東電が保障していたら潰れるしか道はない

ただ単純に不動産への影響を考えるとどんな影響があるのだろう
私が考えるにまず更地が売れなくなると言うこと
それは建築物資の流通が鈍ってるため工期がわからないのと気分的な買い控えと
ダブルパンチで、実際今日資材の商社の営業と話していたが
設備類は夏ぐらいに落ち着くだろうと話してたが、給湯器、断熱材等は
まだまだ不足していて見通しが立ってないらしい
我社では最近分譲住宅を建ててないので状況はわからないが
この資材不足で分譲住宅の売れ残りが売れるだろうと予想したが
どうであろうか?これは私の憶測で裏はとれていない
それと結構躊躇に表れているのが、海の近くの物件が売れない
神戸の不動産屋と話したが国道43号線(阪神大震災で高速道路
が倒れた下の国道)から南の物件が震災後殆ど動かないと言っていた
これは大阪や東京地方都市まで一緒ではないだろうか?
この影響は結構大きいように思われる

色々書いてきたが、私は原発の放射線の影響は風評で大きく浴びると
問題があるだろうが、実際はそんなにびびる事では無いと思う
実際放射線に詳しい人は殆どこの意見らしい、多分一部の原発
反対論者が決めた厳しすぎる規制でここまで風評等が広がって
いるように思われる、昔の中国、ソ連、アメリカの核実験時の
方がもっとレベルの高い放射能が降っていたという話もある
津波の海岸近くの物件への影響もそうだが、冷静に考えて
瀬戸内海や東京湾であれほど大きな津波が来るとは考えられない
心理的にと言えばそれもあるかもしれないが
水等の買占めやこのような風評被害、冷静にネット等で調べたら
簡単にわかりそうなものなのに、この国自体がもっと大人に
ならないと、それこそ経済が破綻するように思う。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。


スポンサーサイト

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ



copyright © ウダウダ工務店日記・・・ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。