FC2ブログ
ウダウダ工務店日記・・・
兵庫県宝塚市にある工務店のウダウダ日記・・・


スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大地震と建築業界 
 2008/05/13 Tue 22:39:15
阪神大震災で倒壊したビル1 先日中国で大きな地震がおこった、死者は今現在でも増え続けているらしく、このニュースの映像を見て感じた事だが、やはり中国はまだまだ建築基準がしっかりしてないみたいで、10階建てのビルまでもぼろぼろに崩れた画像もあった、家も煉瓦作りのような家が多く、鉄筋等も入ってないので見るも無惨に倒壊している、それに比べて私も体験したが阪神大震災の時は映像を見る限りここまでひどくなかったと思うほどである、地震エネルギーは阪神大震災の10数倍と言われているが、やはり建築基準の甘さからこの様な大惨事を招いたと思う、日本は昭和56年に耐震基準が大幅に改正されたのが大きく中国もこの地震を気に見直す必要がありそうだ。(といっても発展重視でしない可能性があるが)
阪神大震災で倒壊したビル2 私は大地震が起るたびに思っているのだが、耐震偽装事件があってから、もし都市部で大地震があったらどうなるのだろうかと?阪神大震災の時は写真のようにビルが傾いても施工ミスや計算ミスや偽装など考えてもいなかったため、ただ単に運が悪かったとか感じた人も多かったと思うが、あの事件がおこってから一気に風向きがかわり、もし何も施工ミス等もなくても、何かあればゼネコンは責められるのではないかって事である、もし東京等で懸念されてる大地震が発生したら、建物を建ててる多くの業者が訴えられる可能性があるかもしれないと考える、マスコミ等が煽り立てたら余計にその傾向が強まるだろう、そうなれば訴訟倒産とかも考えられなくともない、前も書いた事もあるかもしれないが建築物は100%完璧に出来ることは無いと言えるほど難しい、しかしミスをどれだけカバーできる事が考えられるのが良い業者で、今のようにすべて完璧を求められたら、建築業界は成り立たない、それは医療でも他の業種でも多々あり得ることだと思う。
 耐震偽装事件によって建築業界の風向きが大きく変わり、締め付けられ続けている、世の中何にしてもそうだが、悪い人がいてることを基準に色々な物事が決められるため、とてもやりにくい世の中になったものだ、我社は幸い阪神大震災で全半壊0であったが地震は自然の物でありどのような動きをするかわからないのでいくら補強した家やビルでも倒壊する可能性があるのである、大地震があればそのように真面目に取り組んでいる業者も訴えられる可能性があるのである、それだけ耐震偽装事件の残した罪は根深いのである、まぁー自然には逆らえないが地震とか台風はできればおこってもらいたくないと願うばかりである。。。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。



 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okacorp.blog19.fc2.com/tb.php/203-2e23d30b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © ウダウダ工務店日記・・・ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。