FC2ブログ
ウダウダ工務店日記・・・
兵庫県宝塚市にある工務店のウダウダ日記・・・


スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
呆れたゴタゴタ劇 
 2015/07/24 Fri 11:23:38
新国立競技場

つい先日ニュースとかで色々問題を指摘されていた
新国立競技場の設計案が白紙撤回され
政府関係者や都知事など色々な人が意見を述べていたが
その中で私が見ていて一番聞いてて笑ったと言うか呆れた記者会見が
安藤忠雄氏の会見であり、ある意味設計士と言う方々の性質を
暴露したような感じに見受けられた。

私も長年に渡り建築業界に携わってき、それで感じたことは
施工に携わるほぼすべての人が感じていると思う事が
設計士と呼ばれている人の大多数が自分の設計した物に
対して責任を持たない、ミスをしたらすべて施工者のせい
工事での収まりの不備を聞かれても言い訳が多く
その尻ぬぐいはせずほったらかし
つまり先生と呼ばれている職業にしては自分の仕事に
責任を感じる方が少ないのである

私も一応建築士であるが、施工の大変さもわかっているつもりなので
ややこしい工事の時はわからない部分があったとしても
自分なりに収まり施工図を書いて職人さんと打ち合わせして
決めていった
そうすると職人さんの方が百戦錬磨なので色々なアイデアを
出してくれてスムーズに仕事が進んだ記憶がある
しかし設計士さんは出来上がりの絵を描くだけで収まりの図面どころが
説明もない、と言うかその辺のプライドも高いので職人さんと打ち合わせして
ボロがでるのが嫌で打合せを拒否してような感じも見受けられた
そんな感じではいい物件になるはずはない

話は戻るが安藤忠雄氏もその様な感じで仕事をしてきてるので
会見で「私はデザインを決めるだけで施工に関しては知らない」と言ってみたり
挙げ句の果てには「何でこんなに高くなるのかわからないもっと安く出来る
ところはないのか」とまるで小学生の発言みたいなこと言った
別に偏見ではないが安藤忠雄氏は自身が高卒なのに雇ってる人々は
東大京大の建築学科卒業の人ばかり揃えている
私はその事を知った時点で嫌いになってしまった
何故自分と同じような学歴の人も育てようとしなかったのかと

今回の会見で私が見ていて一番腹立たしかったのは
「日本の将来のためにゼネコンさん利益無しでやって下さい」と訴えたことだ
それを言うのなら「私も日本のために無償で設計します」
と何故言えなかったのだろうか?
答えは簡単で安藤氏には競技場を設計する自信がなく
もし設計できてもコスト管理などはできるはずもなく
そしてコンクリート打ちっぱなしの建物をばかり設計してるので
その後の批評で今まで築き上げた自身への評価が
地に落ちるのが怖かったからだと考える。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加してます、良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
建築・リフォームがテーマのブログがご覧になれます。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okacorp.blog19.fc2.com/tb.php/305-0cbc7653
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © ウダウダ工務店日記・・・ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。